読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

これがジャッキーだ!『ライジング・ドラゴン』を観ましたよ




rising-dragon
どーも、MUGA(@muga_over)です。

先日観てきましたよ、ジャッキーの最後のアクション大作『ライジング・ドラゴン』

GWに観るならこれでしょ!

あらすじ

19世紀に起きたイギリスやフランスの侵攻によって、中国から持ち出されてしまった清王朝時代の秘宝。それは12のパーツから構成されていたが、残る数体の所在が不明となっていた。世界的アンティークディーラーから幻のパーツの捜索を依頼されたトレジャーハンター「アジアの鷹」ことJC(ジャッキー・チェン)は、チームを編成してパリ、南太平洋、中国などを飛び回る。しかし、行く手を阻もうとする謎の敵と対峙(たいじ)。さらに、秘宝とその捜索の裏に巨大な陰謀が隠されていることを知る。 映画『ライジング・ドラゴン』 - シネマトゥデイ

ジャッキー・チェンのアクションてんこ盛り!

場面は大きく、冒頭のローラースーツ、屋敷に潜入した後の犬との戦い、島での海賊とのバトル、工場での最終決戦に分かれてそれぞれで見せ場があります。

予告編やスチール写真でも見られる、ジャッキーが防具を付けている姿がローラースーツでして、道路や土管の中をボブスレーのように滑って逃げるんです。

スピード感があって良いところも多いのですが、場面によっては道路を滑る時にフィルムを早回ししてるようで、ちょっと冷めてしまう瞬間もありました。勾配がゆるやかな道路を下ると、スピードもなかなか出ないでしょうしね。

ただ、そういうシーンでもバイクに掴まってスピードを上げたり、車とのチェイスを行なって臨場感を高めたりと工夫が見られて楽しめます。

それから、工場での最終決戦では椅子を使ったアクションとしてソファから離れないで戦うという執念すら感じる最高の戦闘シーンがあります。

スチール写真の撮影現場での戦闘では一脚のついたカメラを使って戦ったり、工場内では既存の設備をうまく使って戦ったりと、ジャッキーらしい「実現可能に見えるけどかっこ良くて絶対真似できないアクション」を観られました。

毎度おなじみのNGシーンも

ジャッキー映画でお馴染みのNGシーンも健在で、スタッフロールが流れる横でNGシーンが次々に映し出されていきます。

痛そうなシーンの連続で驚きますが、本当にジャッキーが演技してるんだなあと思うと尊敬ですね、本当に。あんなに俊敏な動きができる59歳、ヤバいです。

今作で体を張ったアクションは最後ということですが、「体を張ってないアクション」であれば今後もあるのかなと思うので、ノースタントじゃなくていいから戦闘シーンがあるような映画に出て欲しいですね。

ジョークのシーンは何も考えずに笑えますし、アクションシーンは本当にカッコいいですし、本当に楽しめる映画でした。オススメです!