読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

スペースチャンネル5 part2のサントラはどれも最高なのです



スペースチャンネル5の新作が!VRで!出る!というニュースが飛び込んできた昨日。懐かしさのあまり一日中スペースチャンネル5のことを考えてしまいました。

www.inside-games.jp

初代は未プレイなので、私が思い出すのはpart2です。part2の隠れモロ星人、今やったらどれだけ出せるだろうか。プリンやパイン、スペースマイケルも参加のバンド対決ステージは今でも脳内で再生できるなあ。ああ懐かしく愛おしい。

初代はPS2版が出た時に何故か買わなかったのですが、どうしてかなと記憶をたどるとその年のクリスマスにはアンリミテッド・サガを買ったからでした。。。アンリミテッド・サガ難しくて途中で投げ出したのも良い思い出です。

それはさておき、スペースチャンネル5 part2が今でも人生で最高のゲーム体験として記憶されているのはゲームが良かったからだけでなく、ポップでキュートな攻略本も良かったけれど、サウンドトラックがとても良かったからという思い出話。part2のサウンドトラックは全部で4枚出ているので、それぞれ振り返ってみたいと思います。

「Vol. チュー!」

スペースチャンネル5 パート2 オリジナルサウンドトラック 「Vol. チュー!」

スペースチャンネル5 パート2 オリジナルサウンドトラック 「Vol. チュー!」

  • アーティスト: ゲーム・ミュージック,Yoshiko Sakakibara,Takenobu Mitsuyoshi,SEGA,Takumi Yoshinaga,KEN WOODMAN & His Piccadilly Brass,Tomoko Sakaki,Kenichi Tokoi,Naofumi Hataya
  • 出版社/メーカー: マーベラスAQL
  • 発売日: 2002/04/10
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 10回
  • この商品を含むブログ (7件) を見る

part2のオープニング曲でもある『Mexican Flyer』で幕を開けるサウンドトラック一作目。初めて聴いた時にとってもオシャレだなあと思ったのに、その後今に至るまで全くビッグバンドやジャズには手を出していません。この曲は映画『スウィングガールズ』で演奏された上に、劇中にpart2のゲーム画面が出てきたのを鮮烈に覚えています。

続く『Ulala's History』は起動時に出るレンダリングムービーで流れるスタイリッシュな曲で、『S.C.5 25時』はメニュー画面の音楽。それが終わると各話の最初に流れる『スウィンギン'リポートショウ』が挟まれ、第1話最初『うらら再び』が続きます。といった具合に進んでいってほぼゲームの進行どおりの曲順になっています。

おかげで、今この記事はサントラ聴きながら書いているのですが、どの曲でもゲーム画面が順番に脳内で再生されて全然手が進みません。。。

『我らは踊り団』の「〽我らは〜、踊り団」「〽何だか怪しいぞ〜」「〽踊らせちゃうぞ」「〽踊り負けるな」の掛け合いのゆるさは今聞いても堪らないですね。

第2話のプリンステージもどれもハッピーな曲で、「リポート見るなら42ちゃ〜ん♪」で始まる『ギター対決』、いきがかりじょう突然ワルツになる『侵略歌謡メカ『ポン・ピリリ』』がいい感じ。

第3話のパインステージの『パインのテーマ【完全版】』は歌詞だけ追うとおもしろソングなのですが、昭和の歌謡曲調の渋いギターのカッティングとブラスの入り方がダサかっこいい一曲です。このステージで太鼓を叩いてくれるノイズくんは全編通していいやつだった。。。

と、ここまで聞いたところで第4話の予告編が入ります。第3話までが「Vol. チュー!」で、それ以降は「Vol. ヘイ!」に収録されています。

これ以降は、流石にドラマCDだろという展開の各種うららダンスが入っています。ファンとしてはやっぱりこういうのも面白いのですが、ミクスチャーテイストの『銀河一リミックス』、8bit的な『着メロメドレー』と言った捨てがたい良曲もあったりして。で、最後はエンディングテーマの『This is my happiness』の短いバージョン。これも良い曲なんだよなあ。カバーされればいいのに。

「Vol. ヘイ!」

スペースチャンネル5 パート2 オリジナルサウンドトラック 「Vol. ヘイ!」

スペースチャンネル5 パート2 オリジナルサウンドトラック 「Vol. ヘイ!」

  • アーティスト: ゲーム・ミュージック,石田彰,ダニー石尾,藤原美穂,Peco
  • 出版社/メーカー: マーベラスAQL
  • 発売日: 2002/04/24
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 9回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る

第2作のサントラは第4話から第6話まで。

第4話の『ゴーゴーチアガール』アップビートでアガる曲。テレビのBGMとしても使われていた記憶があります。『スペースマイケル局長を救え!』は全体的にどことなくマイケル・ジャクソンの曲っぽさがあって大丈夫かと少し思ってしまうレベル。

第5話『ストロボアクション』。原曲の中で一番好きなのがこの曲です。派手 ではないんですけど、音が良いんですよね。好み直球ど真ん中ストライクバッターアウトです。『バ~ンド対決』も今までのキャラが総出演するゲームの画面が思い出されて最高です。スペースマイケルに「bay-bay-babe-baby」ってシャウトさせまくったなあ。

第6話『パージのテーマ』は『パインのテーマ【完全版】』にも通ずる昭和歌謡的な曲ですが、さらに宝塚とかミュージカルに寄せていて少しクスリとしてしまいます 。最終バトルの『ツナグココロ』は大団円にふさわしい、テーマ曲のアレンジかつ登場キャラ全員参加の歌唱合戦で高まる感じ。それから最後の『This is my happiness』の完全版がこちらに収録されています。「My sweet home. It is the place of love. I hold you close. That's where I belong.」という歌詞は古臭いっちゃ古臭いんですけどシンプルでいいよなあって。

今作は前よりもおふざけ要素が少ないというか、時間が足りなくてあんまり収められていません。収録NGをひたすら繋げた『NGリミックス』はありますけども。リミックスでは『銀河一リミックス【もっとストロボアクション】』という『ストロボアクション』をふんだんに使ったものが入っていて、これがまた良いんです。サントラ第1弾に収録されているものよりもアップテンポでギターの音も強調されています。

ウキウキ★ノンストップ・メガミックス

スペースチャンネル5 パート2 ウキウキ★ノンストップ・メガミックス

スペースチャンネル5 パート2 ウキウキ★ノンストップ・メガミックス

このアルバムはタイトルのとおりノンストップのリミックスで、一応15曲切れ目がありません。今思うとリミックスにしてもとても意欲的な作り。

『SPACE CHANNEL 5 X〜XXXXX』は原曲やゲーム中の音を繋いでいるのでナードコアっぽさが拭えなくて、スペースチャンネル5の雰囲気とは合わない部分もあってあまり好きじゃないのですが、どのリミックスも原曲と異なる趣きで発見があります。『"Lesson 5-4-3-2-1"』は『うららダンス【悶え編】』がほぼそのまま使われていてより一層ナードコア的で何とも言えませんが。。。

『ストロボ・アクション(Enstein A-Go-Go Mix)』、『This Is My Happiness(Tom Jones A-Go-Go Mix)』の2曲は比較的原曲よりですがグルーヴ感が加速されていてどっちも最高なんだなあこれが。大音量で聴いて踊りたいです。『スペース鳥使い(Latin Village Mix)』もアース・ウィンド・アンド・ファイアーの曲にありそうなリミックスのテイストでクールです。

モジモジ☆キャントストップ リミックス

スペースチャンネル5 パート2 モジモジ☆キャントストップ リミックス

スペースチャンネル5 パート2 モジモジ☆キャントストップ リミックス

最後のサントラはドラマCD要素半分、リミックス要素半分で全体的におちゃらけた空気感のアルバムです。『ウキウキ★ノンストップ・メガミックス』はリミックス自体は結構ハードな方向性だったのですが、今作はポップでハッピーな方向にシフトしています。

タイトルのとおりギターとドラムのロックサウンドで送る『ロックでゴーゴーチアガール』、原曲に疾走感が増した『バ~ンド対決っスッカ~!?』、リズムがノリノリになり朗読パートも追加された『This Is My Happiness (I Hold You Mix)』。どれもグッドです。

ボコーダーでいじったボーカルを乗せている『本物は誰だ☆アゲイン!』は原曲の面影がないものの、新しい曲として良い具合になっています。おそらく意味のある歌詞を付けているのですが、ボコーダーのせいでなんて言ってるのかが今聴いても分からないんですよね。「◆!◎☆君とのメモリー」「◯★#?恋のメロディー」といった具合に断片的には拾えるのですが、全く確信が持てません。いつか答えを知りたいなあ。

『ストロボアクション』のリミックスの『もっともストロボアクション』はこのアルバム唯一と言っていいくらいの真面目な方向のリミックス。音をシャープにしていて全体的に原曲よりも乾いた雰囲気になっていて、これがまたカッコいいんだなあ。

どのアルバムにも忘れがたい曲がたくさん入っていて最高です

一部がドラマCDとは言え、そもそも1つのゲームで4枚もサントラが出ている時点で、スペースチャンネル5 part2の世界観や音楽をファンに届けようとして作られていたんだろうと思います。しかも原曲だけではなくて、リミックスもたくさん入っていてファンからしたら最高としか言いようがありません。本当に最高なんだよ、このサントラ。私の音楽の趣味形成に大幅に関与しています。

周りにプレイしている人もサントラを持っている人も居なかったので今まであまり言う機会がなかったこともあり、今回のVR新作発表を受けてサントラを聴きながら思わず書いてしまいました。

「Vol. チュー!」「Vol. ヘイ!」は地元のCD屋さんで買えたけど、「ウキウキ★ノンストップ・メガミックス」と「モジモジ☆キャントストップ リミックス」はしばらく買えなかった記憶があるし、生産数は少なかったのかな。Webを見ても今は中古でしか出回っていないようなので、VR新作が出るのを機にサントラを配信して、ゲームをプレイしなくても分かるスペースチャンネル5の良さが多くの人に伝わるといいな!(難しいんだろうけど。。。)