ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

仮面ライダーのMOVIE大戦アルティメイタムを観てきました!





どーも、こんにちは。MUGAです。

観てきました、『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』。

仮面ライダーの劇場版、MOVIE大戦シリーズも定着してきましたね、ということで感想を。

あらすじ

仮面ライダーフォーゼの戦いが終わって5年。如月玄太朗(福士蒼汰)は教師として日々、学内の問題児たちと向き合っていた。その頃、かつて人類から“悪魔”と呼ばれ、地底へ追われた“アクマイザー”の3人、ザタン、イール、ガーラが数千年の時を経て復活。彼らは、人間の精神世界“アンダーワールド”の魔力を使って、これまで仮面ライダーたちによって倒された怪人たちを次々と蘇らせてゆく。そして今まさに、アクマイザーによる地上征服計画が始まろうとしていた……。その野望を阻止するために立ち上がったのは、仮面ライダーウィザードとフォーゼ、メテオ、なでしこ。そこに、先輩ライダーのオーズ、バース、ダブル、アクセルが合流。ついに幕を開ける8人ライダーと怪人大軍団の壮絶な戦い。さらに、イナズマン美少女仮面ポワトリンまでもが参戦し、地球の未来を賭けた激戦が展開する。それを制するのは、宇宙の力コズミックエナジーか、魔法のパワーか、それとも新人類の超能力か……?その先には、誰も見たことがない衝撃のクライマックスが待っていた……!!あらすじ 解説 仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム - goo 映画

今回はアクマイザーが敵、イナズマンやポワトリンまで出てくるという懐かしのヒーロー・ヒロイン復活作品でもあります。

フォーゼ編、ウィザード編、2つがクロスオーバーするMOVIE大戦アルティメイタムという3部構成になっていて、フォーゼ編ではイナズマン、ウィザード編ではポワトリンがフィーチャーされます。

あらすじという項目を設けてはいますが、この映画に関して言えばあらすじは二の次でお祭りが楽しめればいいんだよ!とは思っています。

しかし、今作は異能であるが故にイナズマンの抱える悩みやポワトリンが現実世界よりも夢の世界に留まって自分に心地よい世界を目指すなど面白いポイントもあります。

色々な作品がオマージュされています

格ゲーがやたらとオマージュされている

観ていてまず気になったのが、格ゲーのオマージュ。

近頃の特撮では格闘シーンがマーシャルアーツ的だったりしますが、今作はどうも格ゲーの技を再現したんじゃないかというシーンが多々目につきました。

空中での蹴り技なんか特に鉄拳っぽいんですよね。女子キャラの中にはリリっぽい技を繰り出しているのも居ますし、メテオさんもブルース・リーというよりマーシャル・ロウに見えてきます。

さらに、超能力を使える生徒の中にコングとネズミっていうのが居るんですが、そいつらが完全にKOFのチャンとチョイなんですよね。

デブとチビだけならまだしも、ネズミとなると完全にチョイしか思いつきません。

技もかなりそのままでして、チャンが腹をつき出す技、チョイが連打する技が完全実写化されているレベル。

007のような、ヤマカシのようなアクション

フォーゼ編の冒頭でチェイスをするシーンがあるのですが、そこが『007 スカイフォール』の冒頭のような、ヤマカシのような激しい移動アクションになっています。

壁をよじ登ったり、屋上から屋上へ飛び移ったり、キャスト本人がやってるんだとしたらアッパレと言わざるを得ないほど頑張っています。

あと、カメラをキャストに付けることで撮れる、臨場感ある画を挟んでくるのは効果的かどうかは別として面白いなと思いました。

カメラを揺らすだけではなくああいうショットで緩急つけるのも面白いです。

『マッド・マックス2』がオマージュされている

これは予告編やポスターでも出ているのですが、今作では最終決戦が『マッド・マックス2』に出てくる装甲自動車との戦いなんですよね。

何故『マッド・マックス2』なのか。。。監督の趣味なんだろうなあとは思いますが、仮面ライダーとマッド・マックスという結びつきそうにもない2つをよくぞくっつけてくれました!

可愛いヒロインたち

主にフォーゼのヒロインたちが結構なアクションを見せてくれまして、カメラが太ももにもの凄く寄ります笑

そしてスカートがひらりとなるときには謎の効果音がなりまくって、女の子が戦う時は完全に別の世界なんじゃないかと。

冒頭の原幹恵、なでしこ真野恵里菜、美羽先輩の坂田梨香子、ポワトリン入来茉里などなど皆さん本当によくもあれだけのアクションをしたし、太ももを撮られたなと。

その中でもポワトリン役の入来茉里はバレエみたいな脚の開き方をしてかなり頑張っていたのですが、インタビューによるとノースタントだそうです。これはすごい。

MOVIE大戦の3割くらいはここに詰まっています、多分。

ネタバレ注意:衝撃のオチ

というわけで、てんこ盛りで話が進むのですが、最後の最後でまさかのオチがあります。

ネタバレするので未見の方は要注意。

ポワトリンの正体が実はウィザードに出てくるドーナツ屋店長だったというのがオチです。

で、そのドーナツ屋店長はKABA.ちゃんが演じていて、TVシリーズは観ていないのですが、オカマキャラなんですね。

映画最後のオチがオカマだったっていうので笑わすのはいくらなんでも雑だよなあと。

分かるポイントとして「たとえ○○が許しても、この美少女仮面ポワトリンが許しません!」というポワトリンのセリフを「たとえミッツ・マングローブが許しても、マツコ・デラックスが許しません!」と言っている件があるのですが、そういことかよ!

こうなると、ウィザードの世界にはミッツ・マングローブマツコ・デラックスは存在してるっていうスタンスなんですか、そうですか。。。いくらなんでもなあ。。。

まあ最後はアレですが、映画の本筋以外のところで非常にてんこ盛り、良い具合の大人の悪ふざけ感も感じる今作ですので、諸々分かっている人にはオススメです!