ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

大地震が起きてから



忘れないうちにここ数日のことをざっくりと時系列順に。

地震発生

地震当時は上野に居て、携帯がそこまで途切れることなく繋がっていた(電話はつながらなかったけどネットは出来た)のでtwitterで情報見ながら過ごしてました。 ニュー速に貼られてた画像に本当にビビりました。 twitterが普通に繋がったのは感動しましたしWebがもう既に立派なインフラになっているんだなと実感しました。 地震の規模が大きく被害が甚大だということ、電車が動いていないのが分かったので、東京で一夜を明かすことを考え(前に家から田町まで歩いたことはあったのですが一人ではなかったので)17時くらいに店を出ました。

地震後〜宿泊

近場で泊まらせてくれる友人宅をtwitterで募集しながら、一夜を明かせるだろう大学へ向かいました。 幸いなことに数人の友人から泊まらせてもらえるとの連絡を受け最も近い友人宅へ。 (その後、最も近い友人の帰宅まで時間があるとのことで他の友人宅へ行くことに) 上野から田町まで歩いたのですが、東京駅周辺であんなにも人が歩道の上を歩いている様を見るとは思いませんでした。 その時は、延々と続く人を見て渋谷のスクランブル交差点の人ごみがずっと続いているように感じました。 ブーツだったのもあり歩き疲れましたが、なかなか眠れずその日泊めてくれた友人宅で3:00頃に就寝。

翌日

早朝、緊急地震速報が何回か鳴りその度に起きてテレビを見て寝るといった具合で満足には眠れず起床。 友人が朝から出社とのことで7:30には家を出ました。 その後一緒に居た人が埼玉住まいだったので上野に行くも上野は大混雑。 JRの復旧が遅く運行しても乗車出来る兆しが見えなかったので、池袋から東武に乗って帰るのを勧めました。 そして池袋で見送った後、メトロ私鉄を使い帰宅。 帰宅途中にイトーヨーカドーに寄ったら既にパンコーナーがすっからかん。 ご飯はなくともレッドブルは飲みたいなと思い3本買って帰路に。

PC起動

家に帰ってレッドブルを飲みそのままテレビ、PCを点けて地震情報を漁る。 動画にしても画像にしても何にしても全てが衝撃的すぎました。 さてtwitter。 僕のTLでは、ひたすらRTする人、熱意をぶちまける人、日本を鼓舞する人などが多く軽くTLが躁状態になっていて、常日頃楽観的な僕はどうも居心地が悪かったので、書き込む気はほとんど起きなくて主にニュー速を見てました。 (善意で何かをすることを非難するつもりは一切ありません) 加えて特に何かやってたわけでも有益な情報を持っているわけでもなく、本当にこれと言って書くようなこともなかったので。 今年度の収入がほぼ無いなりに出来る範囲の募金をしました。 社会人になって新しくクレジットカードを作ったら毎月引き落としの寄付をするつもりです。 Google Person Finderで安全の確認情報が取れた人について書き込みをしました。

その後

暇ではあるものの、外出しない日常の日を過ごしました。 パソコンやって本読んでごろごろしてゲーム。 全て地震情報を見聞きしながら。 13日の夜に宮城で被災した方が横浜に帰ってきてskypeでチャット。 帰ってきても変わらず本当に良い人で、無事で何よりでした。

停電がどうなるのか心配です。 4月からどうなるのか心配です。