ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

昨日公開の『テッド』を観てきました。R-15なのはもったいない




ted-movie
映画『テッド』公式サイト 大ヒット上映中!

おはようございます。MUGA(@muga_over)です。

昨日公開の『テッド』を早速観てきましたよ。

品川プリンスシネマで観たのですが、前方列以外には埋まっていて人気の高さが窺えます。

というわけで、早速感想を。

あらすじ

1985年、ボストン郊外。誰にも相手にされない孤独な少年・ジョンは、クリスマスプレゼントでもらった唯一の話し相手であるテディベアと、本当の友人になれるよう天に祈りを捧げる。翌朝、ジョンの祈りは通じ、魂が宿ったテディベア“テッド”はジョンに「一生親友だよ」と約束する。しかし、やがて奇跡は日常となり、少年は大人へと成長する……。それから27年。ジョン(マーク・ウォールバーグ)はいつまでも青春時代から脱却できないダメ男に成長、テッドも見た目は可愛いテディベアのままだが中身だけが成長し、いまや下品なジョークと女の事で頭がいっぱいの中年テディベアに成り下がっていた。 あらすじ 解説 テッド - goo 映画

「一生親友だよ」と約束したジョンとテッドでしたが、ジョンには付き合って4年になるガールフレンドも居て、結婚の話が出た際に、彼女からはテッドと離れて大人になってほしいと言われます。

ジョンは彼女の言うとおりテッドと離れたものの、仕事をサボって彼女に内緒でテッドと遊んだり、彼女の会社の大切なパーティーから抜け出してテッドの家のパーティーに行ったりしていると彼女からは別れ話を切りだされてしまい、さあ大変!

という具合で、ストーリーは極めてシンプルで、男が女との愛と男同士の友情の間で揺れ動き成長していくという、ラブコメの類です。

ただ、そこに出てくる友人が人ではなく、クマのぬいぐるみというのが『テッド』なのです。

おかげで、クマのぬいぐるみというおもちゃと一緒にいる=子ども、クマのぬいぐるみと離れる=大人として、視覚的に分かりやすく成長が明示されていますし、何よりテッドが可愛いです。

そして物語の後半、クマのぬいぐるみ故のピンチが起こり、それがクライマックスへとつながっていくのですが、この物語のテーマとか大筋はクマのぬいぐるみじゃなくて、人間の友人でもある程度成り立つように思います。

クマのぬいぐるみじゃなくても小さい頃からずっと友人の悪友、ただし彼は結婚とか恋愛にあんまり興味がなく友達も他に居なくていつもジョンとつるんでいるとか、でも成り立つような。

『テッド』からクマのぬいぐるみを抜いたらただのラブコメになるので、クマのぬいぐるみっていうのは核のアイディアなのですが、残念なことにストーリーは平凡で、補うようにシモネタとエンタメネタで脇を固めたような印象があります。

R-15じゃなければ、コンパクトで良い映画になったのでは

小さい頃に奇跡で魂が宿ったクマのぬいぐるみが少年とともに年をとっておっさん化するっていう設定は良いなと思いますし、今までそういう展開は考えたことがありませんでした。

で、おっさん化するのはいいんですが、シモネタとかエンタメネタがそんなに必要だったのかは疑問です。

テッドがおっさんであるというのはまず笑いどころですし、この映画の笑いはクマのぬいぐるみのテッドがシモネタ、古めのエンタメネタなどを言うというギャップが全てなので、もちろんコメディ映画としてはそれでいいんですが、良い話なのでもったいないように思うんですよね。

トイ・ストーリー』的な子どもにも良い影響を与えるアイディアだと思うので、『テッド 全年齢版』みたいなのがあったら良かったんじゃないかと妄想してます。

フラッシュ・ゴードン』などの会話のネタが分からない!

さて、ジョンとテッドが好きな映画に『フラッシュ・ゴードン』というアメリカのSFものがあって、物語の中盤では『フラッシュ・ゴードン』に出演していた俳優が本人役で出演します。

彼がテッドの家でのパーティーにやってくるという展開なのですが、このあたりは元ネタが分からないので、面白いんだろうなと考えながら笑いつつも、正直なところそこまで楽しめませんでした。

日本だったら、ジョンとテッドがウルトラマンが好きでハヤタ隊員役の黒部進が出てくるとか、昔活躍した一発屋の芸能人が今出てくるとか、そういう感じなんだと思います。多分。

フラッシュ・ゴードン』については、かつてこういうB級SF映画があったということと、クイーンのテーマ曲を聞いておくといくらか笑えるようになるかもしれません。

この他にも会話の中でアメリカの古めのエンタメネタが満載で、そこで笑わせている部分があるので分からない人にはちょっと辛いなあと思います。

字幕で、「星一徹」や「くまモン」と敢えて日本に合わせた形で訳しているところも一部あって親切なのですが、いかんせんほとんどのネタが日本に合わせられないものなので、分かってる人じゃないと笑えない側面があります。

と言っても、テッドは可愛いし、楽しめるとは思いますよ

と、概ね批判内容になってますが、上映時間も長くないので軽い気持ちでサクッと観られますし、シモネタ・エンタメネタ以外でも笑えるところはいっぱいあって、思わず感動する部分もあるんじゃないかと思うので観て損はないと思います。

自分が小さい頃大切にしていたぬいぐるみが喋ってくれていたらなあと妄想するのもいいかもしれませんし、友人と恋人の間で今まさに揺れ動いている人にはヒントになるでしょうし。

ちなみにこの連休中に観に行くとキャンペーンでテッドのぬいぐるみがもらえるチャンスがあるそうなので、「テッド可愛いよ」って人は是非応募を!
ted-movie2
映画『テッド』モコモコのオレあげちゃう!!キャンペーン