ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

ヒーロー大集合!『スーパーヒーロー大戦』を観てきました





仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』を観てきました。 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦

あらすじ

ある時、突如として門矢士 / 仮面ライダーディケイドが「大ショッカー」の大首領として歴代ライダーの悪を束ねて全てのスーパー戦隊たちを倒し始めた。時を同じくしてキャプテン・マーベラス / ゴーカイレッドが「大ザンギャック」の大帝王として歴代戦隊の悪を率いて全てのライダーたちを倒し始めた。 そして時は2012年4月21日。如月弦太朗 / 仮面ライダーフォーゼ桜田 ヒロム / レッドバスター達が所属する特命戦隊ゴーバスターズはこの争いを止めるべく戦い、デンライナーもこの謎を解くべく過去の時間へと向かう。

仮面ライダーの映画は何本か観てきましたが、今作も例に漏れずストーリーがとっても雑です。

ライダーと戦隊が潰し合う理由や経緯が最後までなかなか明かされないのはいいんですが、その理由が「え、そんなことで?」と言いたくなるほど取って付けたような感が否めません。

子どもが見ててても「なんで?」と思ってしまうのではないでしょうか。分かりやすいという以上に、ストーリーも丁寧に作って欲しいなあと思う次第です。

みどころ

作品を超えてクロスオーバーし活躍するヒーローたちはかっこいいですし、全員集合のシーンは本当に見応えがあります。小さい頃の気持ちを思い出させてくれる興奮がそこにありました。

そしてラストに非常に重要になってくる、海東と士の関係には要注目です。(腐女子的な意味で)完全に腐っている様は見ながらニヤニヤしてしまうこと必至です。

ディケイドとゴーカイジャーという、過去のライダーや戦隊をメタ的に取り扱う手法はこの映画でこそ果たされるものだった気がします。それだけに、ストーリーがもうちょっとどうにかなっていればなあ。。。

それはそうと、Wikipediaにこの『スーパーヒーロー大戦』の項目もあるのですが、ものすごく充実しています。登場したヒーローが網羅されているので、とにかく長いです。これがライダーと戦隊の歴史の厚みなんですね。 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦 - Wikipedia
ある時、突如として門矢士 / 仮面ライダーディケイドが「大ショッカー」の大首領として歴代ライダーの悪を束ねて全てのスーパー戦隊たちを倒し始めた。時を同じくしてキャプテン・マーベラス / ゴーカイレッド ...