ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

ローマに行くよりロンドン・パリに行くほうが(なぜか)安い!アリタリア航空の格安セールでGWもお得祭り



Alitalia MD80

アリタリア航空の航空券セールが格安とTwitterで見たので、調べてみたら本当に安くて驚愕。

gotrip.jp

Webサイトの謳い文句は以下のとおり。

2017年6月30日までの旅行は今がお得!!

イギリス・ロンドン(LON) 19,000円から

スペイン・マドリード(MAD) 19,500円から

スペイン・バルセロナ(BCN) 24,900円から

スイス・ジュネーブ(GVA) 26,000円から

オランダ・アムステルダム(AMS) 27,500円から

フランス・パリ(PAR) 27,500円から

ギリシャ・アテネ(ATH) 28,000円から

オーストリア・ウィーン(VIE) 30,000円から

ドイツ・デュッセルドルフ(DUS) 37,300円から

イタリア・ヴェネツィア(VCE) 49,000円から

燃油サーチャージや空港使用料込みでも破格の値段

ただ、これは航空券のみの値段で燃油サーチャージや空港使用料を含んでいません。

そうした料金も込みの最安値を調べると次のようになっていました。

行き先 料金
マドリード往復 ¥39,060から
バルセロナ往復 ¥44,920から
ジュネーヴ往復 ¥45,960から
アムステルダム往復 ¥48,000から
パリ往復 ¥48,960から
ロンドン往復 ¥49,640から
アテネ往復 ¥49,760から
ローマ往復 ¥84,480から
カサブランカ往復 ¥86,500から

https://www.alitalia.com/content/alitalia/alitalia-jp/ja/offers.html

ローマへの直行便よりもローマ経由の乗継便の方が安いのは一体どういうカラクリなんでしょうかね。ローマまでは基本的に同じ便に乗るのに、航空業界って不思議です。誰か納得の行く説明求む。。。

それはともかく、どの地域へもかなりオトクな値段設定で特にロンドンとパリ行きは調べるとトランジットも2、3時間と短い便もあるので、とてもアリです。

一方でアムステルダム行きなど一部路線では、トランジットが13時間、要するに空港で1泊必要なものもあるので要注意です。

それから上記の最安料金が適用されるのは東京・成田発土・日、イタリア発金・土以外、つまり成田空港を平日に出て帰りも平日に成田に帰ってくる旅程に限られています。

行きは金曜成田発で帰りは日曜欧州発の月曜成田着なら、弾丸2泊4日の旅程でこの格安料金でチケットが取れる可能性がありますね。これだとさすがに自由時間が一日半くらいしかありませんが。。。

土日発着だとそんなにお得ではないのですが、日程によってはそれでも安い部類に入るようなのでSkygateやSkyscannerで普通に航空券を探した方が良いです。

GWが祝日扱い、特別料金になっていないので超お得

購入可能期間が来年の6月末までということで調べてみると、祝日でも平日は平日扱いになっていてゴールデンウィークが全く考慮されていないんですよね。

ゴールデンウィークもなぜか通常の平日と同じ料金でチケットが買えてしまう。さすが外資キャリア、日本の祝日は無関係ってことですね。

GWのチケットを調べてみると一部路線ではこの格安料金でのチケットが出てこないものの(おそらく売り切れ?)、ロンドン・パリはこの記事執筆時点ではまだ在庫がありました。

欧州に旅行に行きたくて来年のGWの予定が今決められる人はもうアリタリア航空で予約するしかないのではないでしょうか。

GWじゃなくても安いので次の春休みに欧州に旅行に行きたい大学生も予約するしかないでしょう、これは!自分なら間違いなくしてます。

唯一の難点はプロモーション価格のため予約変更ができない点と、アリタリア航空といえば有名なロストバゲージ。

とは言え、私は過去に2回アリタリアを使って被害に遭いませんでしたしロストバゲージはどこのキャリアでも起きうるので諦めが肝心です。むしろ大丈夫そうなキャリアで荷物出てこなかったり、スーツケース破損したりしましたし、こればっかりは運です。。。

というわけで、欧州への旅行を考えている方はアリタリア航空のプロモーションをチェックしといて損はないですよ!

秋のグローバルセールス イタリア・ヨーロッパ19,000円から