ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

高校生の友情と超能力の物語『クロニクル』良かった!




chronicle
どーも、MUGA(@muga_over)です。

昨日公開、首都圏限定2週間公開の「クロニクル」観てきました。

感想

あらすじ

平凡で退屈な日常生活を送る3人の高校生アンドリュー、スティーブ、マットは、ある日、特殊な能力に目覚める。雲の上まで飛んでアメフトをしたり、手を触れずに女子のスカートをめくったり、3人は手に入れた力を使って刺激的な遊びに夢中になっていく。しかし、そんなある時、あおってきた後続車両にいら立ったアンドリューが力を使って事故にあわせたことから、3人は次第に自らの力に翻弄され、事態は予期せぬ方向へと発展していく。 クロニクル (映画) - Wikipedia

この映画は主人公が自分で回しているカメラや監視カメラの映像などで紡がれていくのですが、この手法はファウンド・フッテージと言うそうです。クローバーフィールドとかと同じですね。

ティーンエージャー×超能力でやり切った!

家庭に問題がある非コミュのアンドリュー、生徒会長に立候補する人気者スティーブ、理屈っぽいマットの3人が超能力を手に入れたことで友情が芽生え、結束が強くなり、そしてそれが壊れてしまうまでの物語です。

まず、高校生ならではの超能力の使い方が良かったです。スカートめくったり、ものを動かしてイタズラをしたり、空を飛んで遊んだり、どれも高校生ならやりそうなリアリティがあって。

そうして超能力で遊んで友情を深めていた3人が人生最高の日というくらい楽しい時間を過ごしていたのに、アンドリューが誤って事故を起こしてしまい、スティーブとマットに責められてしまうことがキッカケとなり破壊への道が始まるのですが、非コミュのアンドリューは、家で父親に理不尽に怒られたり暴力を受けているのもあり、怒られる、責められることに対して過剰に反応してしまうというのも、切ないなあと感じます。

でも事故後、自分には友達が少ないというのをスティーブ、マットに相談してタレントショーで活躍し、友達を作ろうと努力しているあたりまだこの件では戻ることが出来たのに、それからもアンドリューにとっては嫌なことが続いて、頂点捕食者という概念を知り自分は超能力があって普通の人間の上に立つ捕食者なんだと思い込むアンドリューが暴走し始めるのも可哀想な部分が強いんですよね。

この、劣等感に苛まれて追い詰められたところでプッツンして能力を発揮するのはAKIRAの鉄雄にも通ずる部分があります。その他戦闘シーンでもAKIRAっぽいなと感じる描写がいくらかありましたし、インタビューで監督が影響を受けていると認めているようです。

ストーリーに意外性はないのですが、ティーンエージャーの友情の物語と超能力を獲得したことにより引き起こる物語が、要素をうまく詰め込んでコンパクトにまとめていて本当に楽しめました。

日本でもこういうの作られたらいいのになあ。。。