ゲインオーバー

MUGA, I am.

私がGIFを探すために使っているWebサイト



TwitterにGIFを投稿しまくって、その使い方を心配されたこともあるGIF好きな私がGIF収集に主に使っているのはTumblr。

そもそもGIF(ジフ)と言えば、アニメーションも表示できる画像フォーマットとして地位を確立しているけれど、まだまだGIFを日常的に使っている人は少ないように感じている。しかしながらSlackでちょっとした感情表現に便利なのはもちろん、LINEでもGIFが再生されるようになっており、使える場所は確実に増えているのでこれから伸びるだろう(と期待している)。LINEは有料でスタンプを売っているのにGIFを開放してしまってよいのかと思わなくもないが、後述のTenorがアプリに組み込まれているのには海外市場を見据えるなりの事情や戦略があるはず。

そんな未来を見据えて、GIFを探すときに私が使っているサイトを簡単に紹介。

GIPHY

言わずとしれた(?)、GIF界の雄。英語ではあるがエモーションや用途毎にGIFが分類されており初めて探すにも便利な作りになっている。海外実写系や動物系はこれで探している。Twitterとmessengerに組み込まれているのでGIPHYとは知らずに使っている人も居そう。

giphy.com

f:id:muga_gain:20181230000620p:plain

Tenor

昔は違う名前だったけど、いつからかTenorに。ラインナップに多少の差は見られるけどGIPHYとの違いはあまりないように感じている。LINEに組み込まれているので、スタンプ代わりに時々使うくらい。

tenor.com

f:id:muga_gain:20181230000638p:plain

GIFMAGAZINE

日本の会社が運営しているサイト。日本語で調べられるのが大きな利点。一部アニメや映画等とコラボして公式GIFを出している。アニメ等に関しては普通に検索するよりも"https://gifmagazine.net/wiki/〇〇〇"で探した方がヒットする謎仕様。(それはそうと、国内事業者が著作権の問題をどうクリアしてこのサイトを運営しているのか気になるところではある)

gifmagazine.net

f:id:muga_gain:20181230000732p:plain

Tumblr

特にアニメ関係のGIFに強いので個人的には重宝しているし、GIF収集の大半はTumblrを使っている。検索をGIF画像で絞り込むのはアプリでしかできないけれど、検索ワードに「gif」を入れれば何とかなる。なお最近エロ系が排除されたのでそういうGIFは上がってこない。

www.tumblr.com

f:id:muga_gain:20181230000754p:plain