ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

2017年暫定ワースト映画『Power Rangers / パワーレンジャー』雑すぎて誰にもオススメできない



f:id:muga_gain:20170325080646j:plain

http://www.power-rangers.jp/

日本では7月15日公開予定の『Power Rangers / パワーレンジャー』を一足お先に観てきました。劇場には初代レッドレンジャー(日本だとジュウレンジャーのティラノレンジャー)のコスプレをした熱狂的なファンやちびっ子も居て劇場はほぼ満席。その熱狂的なファンは予告編の間ぺちゃくちゃ大声で話していたのに、本編が始まると盛り上がっている子供を注意していて、なんだかなあと思いました。話が逸れました。

そんなファンも待望のパワーレンジャーは過去にも映画化されているのですが、それはあくまでテレビ版に沿った映画で本作のように完全新作ではなかったようです。本作はリブートらしく現代風のコスチュームデザインや設定になっていて、ヒーローもののリブートであると当時にクソ映画の金字塔である実写版『ガッチャマン』を彷彿とさせる何かがあるなと感じていました。

そういう悪い予感は的中するもので、映画の内容が非常に残念なところまで似ていましたね。曲がりなりにもハリウッド映画なので実写版『ガッチャマン』よりはもちろんマシなんですけど、『ラ・ラ・ランド』を配給したライオンズゲートが何故これに金を出したのかと言いたくなるクォリティの差があります。

全体的に雑な映画

日本の戦隊モノの映画版に比べれば丁寧と言えるかもしれませんが、普通の映画と比べてしまうと雑。これに尽きます。最初から最後まで雑な上に、肝心の変身シーンや戦闘シーンも盛り上がりに欠けるのが正直なところ。何かが起こったら、これはこうなるなと予測して本当にそのとおりになる、そのとおりにしかならないストーリーの平坦さも退屈でしかありませんでした。

ストーリーが平坦でも大切なメッセージがあるなら我慢できる部分もありますが、この映画に関してはそういうのも感じられませんでした。仲間の友情・絆がテーマにはなっているんですが、それだったらもうちょっと仲間同士の関係性を丁寧に描いて欲しかったです。それから場当たり的に5人が成長したように見えるシーンがあるのですが、最終的に成長してないと受け取れる箇所もあって中途半端な印象です。

日本の戦隊モノと比べたい人は観ればいいと思いますが、これを観るくらいなら上映時間があまり変わらない『シン・ゴジラ』でもレンタルして観ればいいんじゃないでしょうか。ちなみに先程日本の戦隊モノに比べれば丁寧と書いたのは、日本の戦隊モノはテレビ版が前提になっている上にお約束を楽しむものなので、映画単体として考えるとかなり雑なことが多いと感じているからです。私自身嫌いではないんですけど、そういう評価をしています。

大まかなストーリー(ネタバレなし)

とある星で、先代のパワーレンジャーが敵であるリタに負けそうになるものの、辛うじてパワーレンジャーの力の源であるメダルをリタに奪われないように宇宙へと飛ばした。場所は変わって現代の地球。高校生5人がひょんなことから出会い、とあることをきっかけにパワーレンジャーのメダルを手に入れる。それをきっかけに自分の身に訪れた変化、パワーレンジャーに選ばれたことに5人は驚くのだった。

全然変身しない

TV版と切り離した上でパワーレンジャーの映画化という時点で推して量るべきなのですが、変身するまでにめちゃくちゃ時間がかかります。ラスト30分くらいまでは変身しない、というか変身するために5人が頑張る方向で話が進みます。そこまでは観客も我慢を頑張らなければなりません。

5人があることを乗り越えて成長した結果、変身できるようになるという描写が欲しいという理由はわかります。ただ、せっかくのパワーレンジャー映画なのでこっちとしては変身して戦う姿や巨大ロボがスクリーンで動く姿を観たいわけです。巨大ロボはシリーズでも番組の後半に出てくるのがお約束なのでそれは言いとしましょう、ただ変身に関してはすぐに変身できるようになるけど、戦いの中でとある危機が訪れてそれを克服することでより強くなるとかそれをきっかけにロボに乗れるようになるじゃダメだったんでしょうか。いや良かったよねと。

時間がかかるくせに、変身に至るまでのストーリー自体も雑なので「やってらんねー」というのが鑑賞中の感想の大半です。画面のどこ観てようかなと思ったのは本作が初めてかもしれません。

少し良いところを書いておくと、それでもやっぱり♪Go Go Power Rangers!って流れた時には少しアガりました。それから、クリスピークリームドーナツとテレビ版パワーレンジャーでグリーンレンジャーに変身するトミー役の人がカメオで出てたのを見た時は笑顔になれましたね。それくらいです。

デザインがゴチャゴチャしすぎ

これは好みによると思いますが、パワーレンジャーの新スーツとメガソード(巨大ロボ)のデザインがダサいんですよね。有機的なデザインを目指しているんでしょうけど、コレジャナイ感が強くてカッコよさが分かりませんでした。

スーツがゴチャゴチャしている中に禍々しさも垣間見えて、ヒーローと感じられないんですよね。これは日本の戦隊モノが私の中で基準になっているからかもしれませんが、にしてもダサい。それから変身した後にマスクを外しているシーンが多すぎます。俳優たちの顔を映さなきゃならない事情は分かるんです。でも巨大ロボに乗って戦っている間は付けておいた方が安心じゃないですかね。。。それに正体を明かすなって釘刺されるシーンあるわけですし、まず顔隠そうよ。

巨大ロボに関して言えば、『KONG SCULL ISLAND』でもそうだったんですが、元々特撮のものをフルCGに置き換えてプロレスをしたがるのか理解に苦しみます。そこに新しさもリアルさもないですし、キングコングはともかく巨大ロボがプロレスはおかしいだろうと。米国だとそんなにプロレスは正義なんでしょうか。巨大な敵と巨大ロボのデザインがどっちも似たテイストで、味方か敵かよく分かりません。(これには理由があるのですが)

誰にもオススメしない一作

この作品を観るまでは『KONG SCULL ISLAND』が2017年ワーストだったのですが、めでたく本作が2017年ワーストをぶっちぎりで更新しました。これに比べれば『KONG SCULL ISLAND』はよく出来ていました。というわけで、こちらからは以上です。