読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

海外赴任にあたってクロネコヤマトの留学宅急便で別送品を送りました




ryugaku
海外赴任にあたって荷物を海外に別送するのにクロネコヤマトの「留学宅急便」を使いました。留学便という名前ですが、留学じゃなくても使えます。

単身者で荷物がそんなに多くないなら!

まず、どうしてクロネコヤマトにしたかというところなのですが、安心感とそんなに高くないという二点に尽きます。日通やDHLなども見ましたが、調べた範囲ではクロネコヤマトが一番お得でした。(2015年6月頃)それから、クロネコヤマトはやっぱり安心感があります。前にクロノゲートの見学に行ったことも、心の何処かにあるのかもしれません。

留学宅急便 RYUGAKU-TAKKYUBIN | クロネコヤマトの海外引越

料金は送り先、サイズで変わりますが、一箱30,000円程度。他の業者だとざっくり50,000円くらいでした。ヤマトは何故こんなに差をつけられるんでしょうか。凄いです。

今回送ったのは3箱。携行品でも預け入れのスーツケースを持って行き、さらに段ボール3箱もあれば個人的には十分でした。1年以上赴任の予定なので、スーツと冬服、靴もそれなりに入れましたが、余裕があったので本なんかも送っています。東南アジアとか、冬がない地域だったらもっと荷物少なくて済むでしょうし1箱、2箱で十分かも。

申し込みがWebで完結するのもポイントで、フォームで必要事項の入力。メールで見積もりが来て、クレジットカードで料金支払いなので非常に楽です。赴任前は何かとバタバタしているもので、電話で何かをするというのが非常に億劫になるのでこれは助かります。

航空便で到着が早い

留学宅急便は航空便なので、到着までの時間が船便に比べると早いです。今回は2週間程度で着きました。船便だと2ヶ月以上はかかるみたいですね。クロネコヤマトも海外発送に関していくつかサービスを提供していて船便でより安くおくるプランとして「海外引越単身プラン」というのがあります。

海外引越単身プラン TANSHIN PLAN | クロネコヤマトの海外引越

これも検討したものの、ミニマムプランで段ボール9箱の設定。正直、こちらの方が安く上がるのですが、そんなに送らないというのと、2ヶ月以内に必要な物も別送品にあったので時間を優先させて海外留学便にしました。荷物が多い場合や、時間がかかっても気にしない場合はこっちのプランも候補というところでしょうか。

それから、夏に船便で送るとカビは大丈夫なのだろうかという不安がよぎったのも航空便を選んだ理由の一つです。お気に入りの服もあったのでダメにしたくないなあという思いが強く、数万円の差でカビで洋服がダメになる不安が解消されるなら安いもんだと割りきりました!

配送エリアが限定されている

現時点では、イギリス、オランダ、ベルギー、フランス、ドイツ、イタリア、アメリカ、香港、シンガポール、台湾、タイ、マレーシア、中国に送り先が限定されているようなのでその他の地域への赴任の場合には使えないみたいです。

日通もエリアが限られているようなので、ヤマトに限った話ではないようですが、要注意です。

梱包やインボイスの記入に時間が掛かる

段ボールのサイズが決まっているので、個数・サイズにどう収めるかを考えながら梱包する必要があり、なかなか時間がかかります。立体的な物や箱をどう詰めるかは実際に作業を始めないと見えてこない部分もありますし、スーツやコートはもう折るしかないけど、なるべくシワを作らないように努力したかったりと悩む箇所がいっぱいです。

それから、何が入っているのかをインボイスに英語で書く必要があります。インボイスの書式は申し込み後にメールで送られてくるのですが、何が何点で何円でと全部書くのは正直面倒です。ペーパーワークだるい。もし家族で赴任となったら、送る物も単身者の比ではないでしょうから、より一層大変なのでしょうね。。。

パスポートのコピーや集荷の設定など、この他にも行うべきことがいくつかあって、最後まで気を抜けません。

僕は、集荷を実家の親に任せて出発してしまいました。実家で良かったと思った週間です。感謝。

何事も無く到着。しかも日本人が配送してくれた

さて、海外留学便で送ったものが先日届きました。

ヤマトから事前にメールがあり、配送日はいつがいいかを確認されました。時間指定はできないということで、丸一日予定を空けなければならないのは海外なら仕方ないのでしょう、きっと。しかし、前日に朝8時から11時の間に届けるよというSMSが入りました。指定はできなくても、事前にこういう連絡が入るのはとても親切。

そして朝8:30にヤマトがやってきました。たまたまかもしれませんが、日本人の方でした。なので日本語で説明受けて、受領書にサインして完了。段ボールは部屋の指定した場所に置いてくれました。非常にスムーズで文句なしです。

というわけで、今回の赴任にあたって留学宅急便を利用しました。全く問題なかったので帰る時もまたお願いしようかなと既に考えています。