読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

ロンドンで見つけた、ご飯にかけるための醤油「Sauce for Rice」



ロンドンのスーパーでは大型店に行けばWorld Foods、世界各国の食料品を扱ったコーナーがあります。もちろん、このコーナーに日本食のコーナーもあります。コアラのマーチ等のお菓子、うどんやそば等に加えて置いてあるのが醤油や柚子胡椒等の調味料。

でこの前行ったTESCOで発見したのですが、醤油の中によく見ると、変な奴が一人混ざっています。そいつの名は「Sauce for Rice」、ソースフォーライス、ご飯用のソース??
sauceforrice0

しかもキッコーマンが出しているから醤油の類なのかしら。ということで買って食べてみました。ちなみにお値段はTESCOで2.5ポンド。醤油にしては高い。

結論から言うと、これはすき焼き風ソース

パッケージを見ても特に注意書きはなく、温かいご飯にかけて食べるだけでいいみたいです。Sauce for Riceなのでそれ以上に複雑な手順が必要でも面食らってしまいますが。パッケージを見ると結構たっぷりかけているので、しっかりとかけてみました。

このためだけにご飯を炊くのは面倒だったのでレンジでチンするご飯で試したのですが、PCの前でレンチンご飯ってなんだか貧乏学生みたい。写真だと全く美味しそうに見えませんが、現物を前にして美味しそうに見えないのでしょうがないです。
sauceforrice

それはさておき、一口食べると、甘い。口の中に広がるこの甘さはどう考えても、すき焼きのそれ。あー、これすき焼きじゃん。なーんだ、すき焼きじゃん。と思いながら食べ進めると意外にいけます。こっちの卵は生で食べられないので試せませんが、生卵を混ぜたらより一層すき焼きの味に近づくこと請け合いです。

でもあれだな、これだけ食べても正直味気なくて、ご飯におたふくソースかけて食べるのと何ら変わらないな。。。お米を食べたいけれど、味気ないお米だと食べられない西洋人向けのシーズニング商品なのかな。実際、日本のジャポニカ米と違ってこっちのお米は噛んでも甘みがあまり出てきませんしね。

他に食べるものがあれば決して食べようとは思いませんが、夜食に食べる分には悪くない味かなというのが率直な感想です。でも、夜食にご飯は太るな。。。