読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

ロンドンで現地美容院の洗礼を受けてきた

London ロンドン 生活


Barber in Oxford Street, London 赴任してしばらく時間が経ったところで出てきたのが、髪の問題。出発前から伸びていたので、着いて1ヶ月くらい騙し騙しやってきたものの、流石に限界になってきたところで行ってきました。

現地美容院に行ってみたら、みんな同じ髪型だったから、それを頼んでみる

現地の美容院に行くか、日系の美容院に行くか悩んだのですが、物は試しで現地美容院に行ってきました。

お邪魔したのは、ファッションブランドのテッド・ベイカー(TED BAKER)の名を冠した「Ted's Grooming Room」というお店。色々な店の前まで行って確認した上で、チェーン店の安心感もあるだろうということで、ここに決めました。

http://www.tedsgroomingroom.com/

今回は予約なしで行きましたが、店員に嫌な顔もされず、15分くらい待つだけですぐに切ってもらえました。この間に飲み物要るか聞かれたので、お水をお願いしましたが、他の客を見た感じだとコーラもあったようです。サービスは好印象。

で、待ちながら他の客を見ていて気が付いたんですけど、大体みんな同じ髪型なんですよね。刈り上げガッツリのツーブロックで長めのトップを後ろに流してオデコ全開。本当にこればっかり。街中でも確かにこの髪型+もみあげまで繋がったヒゲばっかり見ますわ。流行ってるんですかね。

どういう髪型にするかしっかり決めてなかったので、ここでも物は試しで、その髪型をお願いしてみました。美容師すらこの髪型だったので、「君みたいに頼む。ただトップはもっと長めに残して欲しいんだわ」と2回言ったら「Okay.」と答えて、早速取り掛かってくれました。本当に分かってるのか不安が残る。。。

洗髪でずぶ濡れ、めちゃくちゃ刈り上げられる

日本に居た時も、前かがみで洗髪されたことはあったので、洗面台を見た時にああと思いましたね。でもそれは美容院じゃなくて病院で。

スペースのこと考えたら、椅子の前に洗面台置いて前かがみで洗った方が狭くて済むのは確かなので妥当なんですけど、他の客が驚く様子も全く無いのでこれがロンドンでは普通なのかと、日本との違いを感じた瞬間でした。

いざ洗髪が始まると、美容師は髪に夢中で顔への配慮がないので、顔はずぶ濡れになります。まあでもすぐに終わってタオルくれるのかなって思うじゃないですか。その期待を裏切るように、タオルを後頭部に被せると、そのまま頭全体を包まれる。ああ自分では拭けないシステムなのね、でもゴシゴシされるの嫌だなと思ったら、ゴシゴシされなかった。良かった。いや良くなかった。

タオルで頭を包むとおもむろに、顔も拭かずにそのまま頭から身体を起こされました。この時点で髪は全く拭いてもらってないので完全に濡れています。何だったら水滴たっぷりの状態なので、起こされることで、水滴は髪から額を通り顔を濡らし、そのまま顎を難なく越えて、喉仏。喉仏が立派であればそこで止まったのかもしれないけれど、立派じゃなかったが故に流速が落ちることもなくTシャツへと吸い込まれていく。水もしたたるいい男って、いやそんなシズル感は要らない。

敢え無くTシャツを濡らすことになったものの、幸か不幸か綿100%のTシャツが吸収してくれました。化繊の服だったらズボンまで行っていたかもしれません。良かった。いや良くなかった。

改めて思い返してもこの方法は完全に意味がわからない。頭起こす前に、髪を拭けよ。何だったらそこは客に委ねてくれてもいいよ。濡れるよりはマシだよ。日常のみおちゃんのノリで言いたくもなるよ!

と、いきなり現地美容院の洗礼を受けました。先が思いやられるわと言いたくなりましたが、その後の散髪は淡々とこなしてくれました。手馴れている感じでザクザク切ってくれて安心感がありました。メガネ外してたので何も見えてませんが。

しかし、なかなか終わらない。ハサミはほとんど入れ終わってるはずなのに、終わらない刈り上げ。何回カミソリ当てれば気が済むんだという程に同じ所を丹念に何度も刈ってくれるんですよね。

こっちは刈り上げに重きを置いてないんだけど、ロンドンではそこが大事なのか。あるいは君の中で刈り上げに掛ける情熱があって気が済まないのか。何でもいいからほどほどにしてくれ、多分もう皮膚を剃ってる、それは。鏡に映る自分の顔すらよく見えていない中で募る不安はクライマックスに。

めちゃくちゃ剃られて完了。鏡で仕上げを見せてくれるところで、メガネを付けて見てみると、刈り上げがすごい綺麗で髪型も悪くない仕上がりでした。刈り上げは職人技だと感心してしまいました。何度も丁寧に刈り上げてくれたのはこのためか。ありがとう。いやでも別にこの完成度は求めてないし、事実、首筋は剃られ過ぎてその後肌荒れに繋がったから感謝もしていない。

現地美容院に二度と行かないかと聞かれると、他にも店があるので開拓してみる所存と答えると思います。Ted’s Grooming Roomも首筋を何度も剃られなければ、髪型自体は満足できるものだったので再訪するかもしれません。でも、日系は日系で試さないといけないと思っているので次回は日系かな。