読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

ロンドンにある日本料理のチェーン店は概ね不味いんだけども



寿司、照り焼き、ラーメンなどなど日本料理はロンドンでも人気のようで、至る所でお店が見つけられますし、スーパーでも惣菜コーナーに寿司のようなものが売っています。

旅行で来てわざわざ日本料理を食べる気がしないというのは最もな意見だと思うのですが、どれだけ違うのか興味本位で食べてみるのもまた面白いんじゃないかと。それもまた海外でしか出来ない体験の一つです。

ということで、日本料理のチェーン店をご紹介。

wasabi


wasabi
wasabiっていう店名がいかにもですが、寿司と丼ものを売っているお店です。黄緑色の看板に、店内が蛍光灯で異常に明るいところがあったら、それは高確率でwasabiです。どぎつい蛍光灯もきっと日本のイメージなんでしょうね。。。

ここで推したいのがwasabiのカレー。日本の市販のカレールウで作った味に近いので、その意味ではかなり日本の味に忠実です。海の家とかスキー場で食べられる、何のこだわりもない普通のカレーの味が、ここロンドンにあります。というか、本当に日本のカレールウを使っているんじゃないかと疑っています。

あ、寿司の味はお察しください。なお、寿司にはわさびが入っていません。確か自分で言わないともらえません。店名wasabiなのに。。。

https://www.wasabi.uk.com/

itsu


itsu
ここは寿司と弁当を扱っています。itsuという店名は、「いつ」でも、から来ているみたいです。その割に21時には閉まります。

この店は白いご飯の上に色々なものを載せた弁当が特徴的。どの弁当にも大体、枝豆が入っています。それからサーモンとチキンのテリヤキ弁当があるのですが、彼らにとってのテリヤキは、照り焼きじゃなくて、テリヤキソースのことなので、照り焼かれていません。

あと、餃子弁当。
itsu2
これ、何に着想を得たんだよ。。。日本でもご飯の上に優しく餃子が乗ってるの見たことねえよ。。。 http://www.itsu.com/

wagamama


wagamama
店主がワガママなお店には行きたくないんですが、きっとワガママを「自分の意思を貫く」くらいにポジティブに解釈して命名したのでしょう。

鶏肉のソテーが乗っているチキンラーメン、見た目が完全にフォーみたいなベジタブルラーメン。頼んでもないのに枝豆が入ってる丼。

店名こそ日本語ですが、アジア料理全般を広く扱っているのでここはアジア料理ということで収めていただけないでしょうか。

いやあ、それにしてもラーメンと一緒に頼むスーパードライは美味しい。

http://www.wagamama.com/

YO! SUSHI


yosushi
「YO! SUSHI」で検索すると検索のサジェスチョンで「YO! SUSHI まずい」と出てきます。もはや察するまでもありません。

この店は回転寿司で、寿司以外にも焼きそばとか色んな物が回ってきます。というか寿司以外の物の方が回ってることもあるんじゃないかと。 Yo Sushi London

味以上に問題なのは、デザインコンセプトが間違った方向に振りきれていることです。公式サイトを見ただけで感じられる、コレジャナイ感。。。ネオトーキョーですね、きっと。

http://yosushi.com/

どれもこれもコレジャナイ、でも

どのお店も経営者や創業者が日本人ではないので、日本の味と違うのは当然です。なので、最初にも書いたとおり、違いを楽しむというのが正解でしょう。どれもJapaneseという名のフュージョン料理だと思って味わえば、こういうのもあるのかで済みますし、楽しめます。美味しくはないですが。

今回は全く触れてませんが、ちゃんとした日本料理を出すお店ももちろんあるそうです。行っていないので分からないのですが。。。

英国料理は、朝イングリッシュ・ブレックファスト、昼フィッシュアンドチップス、夜コテージパイかサンデーローストという具合で1日あれば十分で、1回食べたらもう満足だと思います。量的にも味的にも。

というわけで、旅行でロンドンに来たら是非このフュージョン料理を召し上がれ。Taste the difference.