読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

ナタリー・ポートマンの演技力。Jackie『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』



f:id:muga_gain:20170123043047j:plain

Jackie | Fox Searchlight

観てまいりました。2017年2本目。トランプ大統領の就任、ケネディ駐日大使(ジャッキーの娘)の離任というタイミングで本作が観られるのは何かの因果でしょうか。米国では2016年の内に公開済みなので、英国でトランプ就任に合わせた可能性もありそうです。日本では3月31日の公開。

本作はケネディ大統領暗殺事件が発生してからインタビューに答えるまでの数日間のジャッキーを描いています。暗殺事件そのものを扱っているわけではないので、そちらに映画に興味がある方は、オリヴァー・ストーンの『JFK』を是非。現在に至るまで真相は明らかになっていないので、数ある説の一つではありますが。

本作は史実や著作に基づく伝記映画のようなもので、ネタバレという概念がないと思いますので以下特に考慮していません。

注目はナタリー・ポートマンの演技

暗殺事件については歴史的な背景から陰謀論まで多く語られるところですが、夫を失った大統領夫人がどのように過ごしたのかは広く知られていません。事件を大きな視点で捉えるのではなく、当事者の一人であるジャッキーの目からどのように見えたのか、ジャッキーの心がどう動いたのかを本作では描いていると感じました。

そのジャッキーを演じるナタリー・ポートマンの演技は素晴らしいものがありました。JFKを失った直後の動揺や焦燥、子供の前で振る舞い、インタビューに答える時の毅然とした対応などどのシーンをとっても迫真の演技でした。

特に動揺する演技でしょうか。暗殺事件直後のエアフォースワンでの落ち着かない様子、副大統領ジョンソンの大統領昇任宣誓時の浮かない顔などは忘れられません。映画賞で主演女優賞を多く獲得しているのにも納得です。

ただ、このナタリー・ポートマンの演技以外に良かった点があるかと言われると、ないんだなこれが。伝記映画だからメリハリがないのはしょうがないんですが、少し単調でして眠くなるのも事実。登場人物たちのレトロファッションなんかは嫌いじゃないんですが。

映画を観る前にこれを読んで、観ておくといいかも

ケネディ大統領暗殺事件とジャッキー、ジャクリーン・ケネディのことは予め知っておくと理解が深まると思います。

ジャクリーン・ケネディ・オナシス - Wikipedia

ケネディ大統領暗殺事件 - Wikipedia

劇中に登場するジャッキーがホワイトハウスを紹介するビデオはこちら。

www.youtube.com

ケネディ大統領葬儀パレードの模様。

www.youtube.com

閲覧注意な部分もあるので載せませんが、ケネディ大統領暗殺事件のフッテージがYouTubeには多くありますので、大丈夫な人はそれも観ておくとグッドです。

特にオススメはしません

ナタリー・ポートマンの演技は一見の価値ありです。『ブラック・スワン』以降はマイティ・ソーに出ていたくらいしか記憶にないのですが、調べたら『抱きたいカンケイ』というラブコメに出ていました。それはともかく、久々のナタリー・ポートマン主演作を劇場で拝みたい方は是非。

しかしながら、ナタリー・ポートマン以外に気に入った点がないので特にオススメしません。他に観たい映画がない人は観てもいいんじゃないでしょうか。