ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

話題のパズドラを触ってみたけど残念ながらハマれそうにない





元日早々、知り合いがパズドラで3万円課金したと聞き驚きを隠せないMUGAです。

近頃CMでもよく流れているし、パズドラが流行っていることは知っていたのですが身近にもハマっている人が居たとは。。。

ということで、やらないで居るのも良くないと思ったので、ちょっと触ってみました。

パズルは楽しいものの、同じ作業の繰り返しで発展性がない

インストールが完了すると、ソーシャルゲームにありがちなチュートリアルが始まりサクッと始めることができます。

パズドラの特徴は、タイトルのとおり、パズルとドラゴン(RPG的な要素)ということで、ちょっと前のソーシャルゲームのボタンを押すだけのゲームとは違ってパズルを解くことで戦闘が進む仕組みになっています。

動画を見てもらえると分かりやすいかもしれません。

パズル自体は面白いのですが、それでも何回もやっていると変化がなくて単調に感じてきます。

レビュー:マッチパズル+RPGの黄金パターンをきっちり作ったハマりゲー パズル&ドラゴンズ だが…。

こちらの記事によるとノーマルダンジョンは無課金でも行けるようになっていて、スペシャダンジョンになると課金前提のバランスとなっているようです。

うまいこと課金させるようになっている

スペシャダンジョンが課金前提になっているのは、難易度が高くレアカードじゃないと挑めないからなのですが、そのレアカードは基本的に課金しないと手に入らないんですね。

パズドラには友情ガチャとレアガチャというのがあって、前者はポイント貯めれば無料で回せるのですが出てくるモンスターのレア度は低め、要するに使えないものが多いです。

一方のレアガチャはその名のとおりレアなカードが出てくるようです。これを回すための魔法石という代物をゲーム内で集めれば無料でも回せるのですが、この魔法石は手に入りづらいのでなかなか回すことができません。

しかし、この魔法石は課金で買うことが出来るんですね。そりゃ出来ますよね。

そんなわけで、強いカード、かっこいいカードは基本的に課金しないと手に入らず、無課金で出来ることは自然と限られてきます。

個人的には面白いと思えない

そんなに長くプレイしていないのですが、パズドラと言えどソーシャルゲームはつまらないなあと思いました。理由としてはゲーム性に乏しいというのが大きいです。

パズルにいくらかゲーム性があるとは言え、ダンジョンを進めてカードという名の絵を集めるだけのものでゲーム性に乏しく楽しいと思えないんですよね。

ソーシャルゲームに唯一ある楽しい要素ってコレクション要素だと思うんですけど、絵柄を集めるのにはどうもピンと来ないんですよねえ。。。

マジック・ザ・ギャザリングとかガンダムウォーをやったことはあって、トレーディングカードゲームが嫌いなわけじゃないのですがもう卒業してしまった感じもあって今更ハマれないなあと。

時間つぶしには良いと思うんですけど、うーん。。。

課金もコンシューマーゲームに慣れた身としては割高のような気がしちゃって踏み出せないんですよねえ。

しかし世間では止まらない(?)パズドラ旋風

既に旋風は落ち着いているのかもしれませんが、世間でのパズドラの人気は凄いんだなと以下のWebの記事やApp Bankのパズドラ記事、サイトを見て思いました。

僕は楽しめそうにありませんが、こうしたマスに受けるゲームがコンシューマーゲームからソーシャルゲームに徐々にスライドしているんでしょうね。

ゲーム機というものをわざわざ買わなくても携帯で楽しめると初期投資要りませんしね。

パズドラ 究極攻略データベース

ドラゴン伊藤のパズドラ攻略記|ガチャ死までの奇跡(笑) | パズドラーよ、これが話題沸騰中のドラゴン伊藤パズドラ攻略記だ!

ソシャゲの企画書 : 120万人がハマった新感覚ソーシャルゲーム    ~パズドラ6つの秘密~

パズドラの生みの親「私は万人受けするゲームを作れるタイプではなかった」と誕生秘話を告白 - GIGAZINE

パズル&ドラゴンズ App
カテゴリ: ゲーム
価格: 無料