ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

いつでもTwitterに予約投稿のbufferアプリがシンプルでいいね!



Time Spiral bufferという予約投稿を行うサービスがあって、先日から利用しているのですがこれがなかなか面白いです。 仕事をしている時でも勝手に投稿してくれるし、何時に投稿するのかを忘れた頃に投稿してくれて自分で使ってて意外性があったりします。 細かい設定などはブラウザからじゃないと利用できないのですが、今回はbufferのiPhoneアプリをご紹介します。 仕事でtwitter使う人には、Bufferというサービスは必須かもしれない | fladdict

アカウントはTwitterと接続するかメールアドレスで登録する必要があります。 Twitterとの接続はお馴染みのこの画面で。

まず画面を開くとこのようになっていて、Bufferタブに予約投稿がたまっていきます。

たまっている投稿の一覧が表示され右上の作成ボタンかリストの一番下をタップすると作成画面に移ります。 書き終わったらSaveを押すと予約投稿に追加されます。 残念ながら現在のところ写真を添付することは出来ない模様。

さらにBuffer画面で左上のRecorderを押すと予約投稿の並び替えができます。

続いて、AnalyticsタブではBufferで投稿した内容の情報が見られます。 Clicksはリンクのある投稿でリンクがクリックされた回数で、Reachはこのツイートが届いた人、フォロワーの数です。

RetweetされるとこのようにReachが増えます。

Settingタブは特筆するようなものがなく、ほとんど何もできません。 なのでiPhoneから投稿時間などの設定を変えたい時は現時点ではSafariからアクセスする必要があります。 Dashboard - Buffer



パット見、iPhoneでのレイアウトは保たれているのですが、場所によっては文字が被って読めない状態になっています。

このような形で無理やり投稿時間をいじることも可能です。。。

今後の機能改善も期待したいところですが、シンプルで使いやすいのでiPhoneからのBuffer、(投稿するだけなら)アリなんじゃないかと思います。

Buffer App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料