ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

会話劇×銃撃戦。倉庫からほぼ出ないコメディ映画『Free Fire / フリー・ファイヤー』



f:id:muga_gain:20170403072921j:plain

http://www.imdb.com/title/tt4158096/

ベン・ウィートリー監督による映画『Free FIre / フリー・ファイヤー』、観ました。ちなみにフリー・ファイアは銃撃OKの意味です。上映時間が90分と短いものの、本作にとっては十分な時間。なぜなら銃を撃ち合うだけの映画だからです。予告編観て絶対最高だろうと思っていたら、やっぱり最高でした。

www.youtube.com

上映劇場は限られているようですが、日本では4/29公開予定。製作総指揮でマーティン・スコセッシの名前出すのはしょうがないんですが、ベン・ウィートリーの名前もぜひ出してあげてほしいですね。

freefire.jp

冒頭のあらすじ(ネタバレなし)

とある晩、とある倉庫で武器取引のためにディーラーと購入者たちが一同に介していた。頼んだ武器と納品された武器が違うなど、いくつかのことが積もった結果、両陣営の間で突如始まってしまう銃撃戦。この撃ち合いに勝利するのは誰か。

ただ銃を撃ち合うだけなのに面白い

本作のシーンの90%以上はおそらく倉庫内ではないでしょうか。本当に倉庫で撃ち合うだけなので、外に出ないんですよね。さらに基本的にはコメディなのでシリアスなシーンがほぼありません。いや正確に言うとシリアスな場面もあるけど、それも笑えます。そんな具合に振り切っているのでハマるかハマらないかで極端に評価が分かれると思いますが、私は予告編の段階でこれはくだらなくて最高なやつだと確信していましたので大満足でした。

撃ち合いという極限状態の中で、それぞれのキャラクターの性格がうまく描かれています。ジャンキー、英語が訛ってる武器商人、スタイルを気にする男などなど、どのキャラクターにも魅力がありますし物語を動かすのに十分な関係性も持っています。銃撃が始まるに至るのも、このキャラクターたちの間だったら、そりゃそうなるわという納得感があります。

そしてキャラクターたちの間で銃撃戦だけではなく会話劇も繰り広げられます。くだらない言い回しやジョークのオンパレードで会話劇も面白くて、銃撃戦よりも会話劇がメインなのであるという事実に気付かされます。

強いて言うなら、銃撃シーンに関してのリアリティーはありません。何発撃てば死ぬんだというくらい銃弾を打ち込まれてる人も居れば、そんな撃ち方で当たってたまるかよという射撃シーンも多くあります。コメディなので、リアリティーは主眼ではないのですが、基本的に登場人物が皆ダイハードなのでそこを受け入れられないと本作は楽しめないかもしれません。

血が苦手じゃなければオススメ

血が大量に出たり傷口が大きく映るなどの直接的な残酷描写もあります。そうした表現が苦手でなく、(英国?)ジョークで笑いたい人にはオススメです。率直なところ映画館で観る理由はありませんでしたが、銃撃の音や音楽がよく聞こえる点は映画館の方が臨場感があって良いのかなと思います。

とある場所からほぼ出ない密室系の映画だとスリラー映画が多く浮かびますが、本作は珍しい密室系映画でも珍しいコメディ作品と言ってよいのではないでしょうか。倉庫というやや広い空間ではあるものの、ここまで外に出ないで話が進むとは想像していませんでした。

そういえば本作が新年度の映画笑い初めだと思いましたが、よくよく考えたら観たのは3/31でした。というわけで新年度笑い初め映画は他の映画に持ち越しになりそうです。