ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

昼ごはんを食べ過ぎている人が多いと常々思う



Too much lunch!

会社でお昼休みに食べるのがそう、昼ごはん。 前々から思っていたのですが、定食屋で出る「ご飯+脂っこいおかず+サラダ」が明らかに昼ごはんとしては量が多くはないかと。

もちろん仕事の内容や運動量によって変わってくるとは思うのですが、殊デスクワークをしている人がガッツリ食べる必要はないのではないかと思います。

カロリー計算をすると昼に食べるべきはせいぜい500kcal

僕は身長173cmなのですが、そうすると必要なカロリーが大体1600〜1900kcalらしいです。必要なカロリーはこのサイトで身長・体重を元に調べられます。 標準摂取カロリーを計算 | カロリー計算コントロール

例えば、定食のカロリー - 簡単!栄養andカロリー計算によると、大戸屋の熟成豚ロースかつ定食936kcalだそう。

摂取カロリーを守るとして、昼食で936kcal取ると、朝と夜で食べられるのは1000kcalなので、500kcalずつに抑えれば必要カロリーには収まります。

が、自然と夕食の量やカロリーが多く・高くなるので、たまにある飲み会なんかも考えると、これはなかなか厳しいのではないかと思います。

カロリーを守ることが常に大切というわけではないのですが、常に食べ過ぎの状態にあると運動などで消費量を増やさない限り太ってしまいますよね。

それを考えるとカロリーを気にすることもある程度重要なのかなと。

満腹になると眠くなって午後に支障をきたす

そして、満腹になると何より眠くなります。僕は、満腹だなと思って仕事に戻ると眠気との戦いが途中で訪れる可能性が非常に高いとここしばらくで実感しています。

なので昼食は腹八分目から六分目にするようにしています。

満腹感で眠くなるのも嫌ですし、僕の場合は頻繁に体を動かす仕事ではなく、炭水化物よりも糖分をある程度摂取するだけで十分かなと常日頃思っているので、食べる量ではなく、腹持ちが良さそうなものと甘いものを食べるように心がけています。

仕事の終わり際になるとお腹が減ってくるのですが、それで集中力が切れるようなことはありません。というか満腹の方が集中力は下がります。

また、夕食を前に空腹感が出てくることで夕食を一層美味しく食べられているような気がします。

もちろん、昼ごはんの楽しみもあって

仕事の途中の楽しみとして美味しいものを食べるのは気分転換のためにも大切だと思うのですが、カロリーと眠気の問題を考えると先輩や上司に付いていって重めで脂っこいお昼を食べ続けるのもちょっとなあと。

なので、そういうシーンではなるべくその店で軽そうなものをチョイスします。ただ往々にして決まったランチメニューしかない店も多いので、そういう時は臆せずご飯を減らしてもらったりしています。

昼食は適度に

そんなわけで、昼食は仕事終わりに空腹感が出てくるくらいに、適度に抑えて食べることをオススメします。

僕は弁当をしばらく持って行っていないのですが、きちんとカロリーと栄養を考えて弁当を持っていくのがこの点では一番いいのかもしれません。