ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

マリーナ・ベイ・サンズに行ってきました! シンガポール旅行記その2





シンガポールと言えば、ソフトバンクのCMでもお馴染みの、船がビルの屋上にあるマリーナ・ベイ・サンズでしょう。

屋上のプールは宿泊客じゃないと入れないのですが、展望台だったりカジノやショッピングモールには一般客でも入れまして、僕はそちらに行ってきましたのでその感想をば。

兎にも角にも夜景

Sands SkyPark - Marina Bay Sands Singapore

展望台はサンズ・スカイパークという名前で入場料は20SGD、マリーナ・ベイ・サンズはTower1〜3まであるのですが、スカイパークへの入り口はその中のTower3の地下1階にあります。

タクシーで市街から向かう場合にはスカイパークに行きたいと伝えればおそらくTower3のタクシー乗り場まで連れてきてもらえるはずです。僕はカジノ経由で行ったので異なっていたのですが。

さて、地下1階でチケットを買うと、観光地にありがちな、その場ですぐ帰る記念写真のための撮影をして、エレベーターに乗り込みます。展望階で売っているのですが記念写真を買ってる人は少なかったです。

高速エレベーターであっという間に55階に着くと、すぐに展望デッキです。あとはもう夜景を眺めるだけ!

夜景綺麗だわー。。。





高層ビルがひしめく都会のこの展望はなかなか味わえませんね。本当に綺麗で、高層ビル群がまだまだ成長していくように感じられました。

夜は日が当たらないので日焼けの心配がありませんが、昼はかなり焼けそうです。

微妙なカジノ

マリーナ・ベイ・サンズの中にはカジノが入っています。というか、このカジノこそがマリーナ・ベイ・サンズの目玉なんだと思います。セントーサ島のカジノと2つあるみたいですが、こっちの方がおそらく新しいんでしょうね。

日本人というか観光客が入る場合にはパスポートチェックがあるので忘れずに携行する必要があります。

で、パスポートチェックをくぐるといざカジノなのですが、個人的な感想を言うとあんまり派手さがありません。どことなく漂うゲーセン感。本当に大したことないです。人が入っていない台のディーラーが座りながら寝てましたしね笑

カジノ内の写真は撮れないので気になる方は是非とも検索してみてください。

スロット等であれば紙幣をそのまま遊べますが、換金をする場合にはカジノ奥のカウンターで交換する必要があります。

ブラック・ジャックはミニマムベットが高かったのでスロットやルーレットをやったのですがまあ見事に負けて帰ってきました。ギャンブルで勝った試しがないので、向いてないんでしょうね。。。

あと、カジノで興味深かったのは、現地の裕福とは言えないような人がスロットに興じている様はもう日本のパチンコのそれで、これはあっちゃいけないやつなんだなと強く思いましたよ、ええ。

お買い物にも便利

マリーナ・ベイ・サンズのショッピングモールには様々な高級ブランドが入っていまして、ショッピングモールもかなり広いです。

あまり買い物をするタイプじゃないので気侭に眺めていましたが、ひょっとしたら日本よりも安く買えたり日本で売ってないものもあるんじゃないでしょうか。

女性旅や家族旅行では外せないスポットになりそうです。オーチャードロード周辺にもショッピングモールがたくさんあって買い物はできますが、やっぱりマリーナ・ベイ・サンズで買うっていう魅力があります。

それはそうと、シンガポールには日本のお店というのも各所にあったりしてマリーナ・ベイ・サンズにはROYCEが入っていましたよ。

普通にチョコポテチが売っていました。

それから、ショッピングモール内にスケートリンクがありました。

常夏のシンガポールでは非常に珍しくてきっと子供たちも喜ぶんだろうなと思います。(土地柄、現実的に現地民が利用してるのかどうかは怪しいですが)

というわけで、

マリーナ・ベイ・サンズは見所たっぷりでした。

まだ完成してから2年しか経っていないので、観光スポットとしては今のうちに行っておくと自慢できるんじゃないでしょうか。

夜景だけでも十分に楽しめたのですが、今度は泊まりに行って屋上のプールを味わってみたいものです。

その他シンガポール旅行記

Wi-FiとiPhoneがあれば旅先でもやっぱり安心です シンガポール旅行記その1

アングリーバード旋風 シンガポール旅行記その3

怪しげな夜のスポット編 シンガポール旅行記その4

シンガポール料理は日本人の口にも合います シンガポール旅行記その5

最高のラグジュアリー、スパボタニカ シンガポール旅行記その6