ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

世界には、予想もしない色々な新年の風習がある




New Year's Day Crowds

世界の新年、ちょっと変わった祝い方あれこれ 写真3枚 国際ニュース : AFPBB News

このニュースによると世界では新年を祝うにあたって、形が異なるということでちょっと他国の状況を調べてみました。

オランダでは新年に花火が

調べたところ、オランダ以外の国でも新年には花火を打ち上げて祝う習慣が多いのですが、オランダは大晦日の夜と女王の誕生日以外は花火を打ち上げることが禁止されているそうです。

年に二度しか打ち上がらない花火だと感動が増すでしょうね。

オランダ以外の国も含めて、花火っていうのは打ち上げだけではなくて手持ちのものをあって怪我人が出るのも珍しくないようです。

エチオピアでは新年が9月

中国の正月は日本で言うところの旧正月で2月ですが、エチオピアには独自の暦があるそうで、新年が1月ではなく9月なんだそう。

2011年のものですが、外務省のWebページに注意喚起が出るほどなので、相当盛り上がってしまうということでしょうか。。。

フィンランドでは鉛で吉凶を占う

フィンランドでは溶けた鉛を水に入れて、固まった姿でその年の吉凶を占うそうです。

この写真は鉛が固まった後のものです。正直良くわからない形をしていますね。
New Year's Tin

いやあ、正月からダイナミックなことをしますね。

デンマークでは大晦日に皿を人の家の前に投げつける

ちょっと訳が分からないのですが、奇妙な習慣があるものですね。

皿の枚数が多いほどよいそうで。

新年の祝い方も色々

この他にもNAVERまとめに各国の新年について載っているのでご覧ください。

世界のお正月・旧正月の恒例行事 - NAVER まとめ

いやあ、色々な正月があるもんです。

その他世界と日本の違いだと、日本では3が日までがお正月で、4日から通常に戻るというのが一般的かと思いますが、海外だと2日から通常に戻る国も多いようで。

ヨーロッパ圏ではその代わりクリスマス前後で休むことが多いので、文化の違いってことなんでしょうね、これも。

外国から見れば日本の正月の方がよっぽど特殊なのかもしれませんし、色々な習慣があるっていうのは面白いですね。