ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

GmailとThunderbirdのショートカットが違うせいでよくやってしまう。。。





自宅ではGmail、職場ではThunderbirdを使っているとキーボードショートカットを混同してしまうことがしばしばありまして、GmailのつもりでThunderbirdの操作をしてしまいます。

ThunderbirdGmailショートカットにするアドオン入れれば解決する話なのですが、会社なのでアドオン入れるのもアレかなあと思ってしまいまして。

僕が今までに実際にやってしまった失敗をご紹介。

まず、ショートカットはThunderbirdの方が複雑

キーボード ショートカット - Gmail ヘルプ

キーボードショートカット | リファレンス | Thunderbird サポート

ThunderbirdはCtrl、Cmdを押しながらの動作が多く、他のソフトウェアと比べると妥当な部分も多くあります。Ctrl、Cmd+Nで新規メッセージだったりするのは、Gmailの「c」よりはいくらか自然な気もしますし。

ただ、検索でもCtrl+FとCtrl+Kでメッセージ内検索とメッセージ検索が違ったりと細かいところで紛らわしいのはあります。

Gmailが単純で使いやすいってのもあるんですが、Thunderbirdのそれはあんまり好きじゃありません、個人的に。

うっかり迷惑メールに!

で、肝心の失敗事例です。

Gmailでは「j」で進む、「k」で戻るなのですが、Thunderbirdだと「j」が迷惑メールにするボタンなので、GmailのノリでThunderbirdで「j」を押すと重要なメールもいきなり迷惑メールフラグが立ちます。

すぐに戻せるので致命傷にはならないんですけど、仕事中に触ってしまったときには慌ててしまいます。

これ、本当によくやってしまうんですよね、トホホ。

全員に返信するつもりがアーカイブ

Gmailでは全員に返信の「a」ですが、Thunderbirdではこいつがアーカイブに移すボタンで、うっかり押すといきなりメッセージが消えて、アーカイブフォルダから救出する必要が出てきます。

ThunderbirdではCtrl+Shift+Rで全員に返信、Ctrl+Rでただの返信となっています。

その他にも

アーカイブするつもりで「e」を押してもThunderbirdでは無反応、受信トレイに戻るつもりで「u」を押しても無反応というのもたまにやってしまいます。

これは慣れるしかないんですけど、慣れないまま今に来ているというか、Gmailの「j」と「k」はGoogleリーダーでも一緒なもので、主にそれが原因なんですよね。一番使ってますし。

ちなみに、Google関係のショートカット一覧はコチラ。 覚えておくと役立つ! GoogleサービスのショートカットやTipsいろいろ : ライフハッカー[日本版]

でもね、「s」でスターのつけはずしはどちらも一緒ですよ!