ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

驚くほどに何もない、巌流島に行ってきました





小倉に行くまでイメージがなかったのですが、小倉って博多よりも山口の方が断然近いんですよね。

そんなわけで小倉から下関に渡り巌流島に行ってきました。

巌流島にある観光スポットは銅像。以上

巌流島自体には驚くほど何もありません。

銅像と再現された船に記念碑、トイレくらいしかありませんでした。見所は本当に銅像くらいなもんです。

あと、上陸してすぐのところに紙芝居屋のおじさんが居ましたね。結局話聞かなかったのですが、おじさんが島唯一のエンターテイナーでした。

公園として整備されてしまっているので、戦いの気配がすることもなく、平和的でのどかな島でした。島からの眺めはとてもいいんですけどねえ。

巌流島に行くまでの船が一番楽しかったかも

下関からだと巌流島へは船で渡ることになるのですが、船会社のノリと船のスピード感はとても楽しめました。意外と速いので寒い時期に乗ると風が強くて、ものすごく寒いです。

下関と巌流島を結ぶ船は30分に一本のペースで運行されているので、30分で島をざっと見るのがおすすめです。

一本乗り過ごすと何もない島で30分時間を潰すことになりますから。先の紙芝居くらいしか楽しみはありません。

寒くなければ小次郎もこうやって待ったのかなあと公園で横になるのも悪くありません、多分。

でも、今年で巌流島の戦いから400年の節目らしいので、もう2012年も終わりますが、下関方面に行くなら話のネタ作りに是非巌流島へ!

巌流島|武蔵・小次郎 

★巌流島ホームページ★