ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

2013年のゲーム・キッズ以外も渡辺浩弐さんの小説公開中!





2013年のゲーム・キッズがTwitterで流れてきたのですが、久々にネットをしながらビックリさせられました。

心臓の弱い人は閲覧注意ですよ! 渡辺浩弐『2013年のゲーム・キッズ』第一回 謎と旅する女 Illustration/竹 | 最前線

これ、すごいですよねえ。

HTML5を駆使してるとかそういうことなんですかね。

1999年のゲーム・キッズもWebで読めます

『1999年のゲーム・キッズ』渡辺浩弐 Illustration/竹 | 最前線 - フィクション・コミック・Webエンターテイメント

すごく太っ腹だなあと思うのですが、1999年のゲーム・キッズを何話も読むことができます。もちろん、全部ってわけではないんですけどね。

何話かざっと読んだんですけどライトなSFで面白いですし、ショートショートなのでブラウザで読むのも苦じゃありませんしいいですね!

もっと読みたくなったら既に小説が刊行されているのですぐにゲットできます。

1999年のゲーム・キッズ(上) (星海社文庫)1999年のゲーム・キッズ(上) (星海社文庫)
渡辺 浩弐,竹

講談社
売り上げランキング : 5270

Amazonで詳しく見る by AZlink
1999年のゲーム・キッズ(下) (星海社文庫)1999年のゲーム・キッズ(下) (星海社文庫)
渡辺 浩弐,竹

講談社
売り上げランキング : 6045

Amazonで詳しく見る by AZlink

僕がファミ通を買っていた時期に読んでいたのは、時代的に2000年か2999年のゲーム・キッズで、何話か印象に残っているのもあるのですが、人ごみが全員共犯者で殺される話と今で言うダダ漏れをして視聴率を稼ぐ話が忘れられないんですよね。

この週末で1999年のゲーム・キッズを読みつつ、2013年のゲーム・キッズ連載も1週間毎に更新されるみたいなのでチェックしていきたいと思います。