ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

靴に付けるだけ。高性能なすべり止めDevisysで雪道もへっちゃら



去年の話ですが、雪の積もるスイスまで行く時に人と会う予定もあったのでスノーブーツを履いていくわけにもいかず、スーツケースに当然入る隙間もない。どうしたものかと思ったところでAmazonを見ると便利そうな代物がありました。

コンパル ワンタッチ滑り止め M (23.5~26.0cm)

コンパル ワンタッチ滑り止め M (23.5~26.0cm)

靴につけるだけで滑らなくなるとは便利さ極まりますね。ということで勢い良くポチって使用したのですが。。。

小さいし装着も簡単

使い方は簡単で、普段履いている靴の上にこのバンドを付けるだけ。つま先を覆うようにバンドをセットして、かかとに引っ掛けるだけです。スルッと入ります。

ディテールは違いますが、QVCの通販番組で似た商品が扱われているので、動画を見ればどういう代物か分かると思います。

www.youtube.com

これのいいところは、スーツケースの中に入れても全然幅を取らないところです。ゴムなので折って丸めればかなりコンパクトになります。雪国の出張にも便利ですね。と言いたいところですが、難点も。

難点1:外れやすい

当然ながら装着しやすいのは外れやすいのと同義でして、頻繁にではありませんが時間が経つと取れます。さらに使っているうちにゴムがダメになるのか、どんどん外れやすくなってしまうんですよね。

そして外れたときなんですが、その場で直そうとしても手袋を付けながらだとバンドがうまく引っ掛からないんですよね。そうするとしばらく歩いては取れて、付けるというのを繰り返すことになってしまい不便。

難点2:スパイクが外れやすい

スパイクがバンドと一体化しているわけではないせいか、しばらく履いているとスパイクがどこかに行ってしまいました。私は1週間で3つくらい無くしましたよ。

スパイクが外れたら直ちにグリップ力がなくなるわけではないのですが、平地を歩く時に高さが変わって不快になりますし、どんどん無くなっていくと流石にスパイクバンドの意味がなくなってしまいます。

ちゃんと予備のスパイクが売っているあたり、販売側も取れるのが分かってて売ってますよね。

フィンランド製のDevisysが高性能ですごい

今年もまた雪国に行くことになり、バンドを買うべきか悩んでいたのですが、今年はDevisysという新しい滑り止めに出会いました。これがすごい。

f:id:muga_gain:20170124055814p:plain

Devisys

少しゴツくてバンドより重く場所も取るんですけれど、それを補って余りある性能です。

まず、スパイクが一体化しているのでよほどのことがない限りは多分取れません。そしてスパイクが付いている部分は凸凹になっていてグリップ力がさらにアップしています。かかと側にしかスパイクがなく、一見すると上のバンドよりもグリップがなさそうに見えますが、そんなことはありません。結構なグリップ力なんですよ。

付けるのも難しくありません。マジックテープのバンド部分を外して靴を入れたらマジックテープをくっ付けるだけ。簡単ですが、マジックテープできちんと止まるので自然に取れることはありません。

上のバンドの難点2つを見事に克服しています。その上グリップ力も上がってて言うことありません。さらにかかと部分には光を反射するプレートも付いていて安全性が一層増しています。

雪国フィンランドの製品ということで、高性能に仕上がっているんでしょうね、きっと。このビデオは何故かロシア語ですが、観るとDevisysが実際にどういうものか分かると思います。

www.youtube.com

残念ながら日本では売っていないようですが、雪が降る欧州地域には売っている可能性があるので、冬場のヨーロッパに旅行に行く際には是非手に入れてみてください。