読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

Amazonオリジナルドラマの「高い城の男」は見応えたっぷりで最高でした

感想 映画



91yd5a1YT7L._UY600_RI_UY600_
一足お先にAmazonプライム・ビデオで配信されているAmazonオリジナルドラマの「高い城の男(The man in the high castle)」を観たので感想を。しかし、Amazonは本屋からスタートしてドラマまで作るんだな。。。すごい。

ネタバレなしのあらましと感想

第二次世界大戦で枢軸国側が勝利したというもしもの世界で、ドイツと日本が統治するアメリカが舞台になっています。ドイツがコロラドよりも東側をGreater Nazi Richとし、緩衝地帯を挟んで、西海岸を日本がJapanese Pacific Statesとして支配している世界です。日本占領下のサンフランシスコで、日本相手に抵抗を続けるレジスタンスの活動にひょんなことから巻き込まれるジュリアナ・クレイン、東側からドイツへのレジスタンスとしてやってくるジョー・ブレイクの2人が主な登場人物となって、2人だけにとどまらないスケールの大きな物語とそれに関わる人々の物語が進んでいきます。

独日両方に占領されているものの、話の半分以上は西海岸側での出来事なので日本がフィーチャーされているところも、海外ドラマとしては珍しいです。でもやっぱり、日本人役の中国系俳優の日本語が下手だとか、雰囲気が何かおかしいと感じる部分は少なからずあるんです。なんですけど、これはそもそもがもしも枢軸国が勝っていたらという話ですし、ドラマですし、日本人役を誰がやろうと物語の本筋には到底関係ないので、こういった似非日本に嫌悪感をどうしても抱いてしまう人には残念ながら向いていないドラマと言えます。

そういった海外からの日本の解釈を受け入れた上で楽しみたいところです。僕は英語聞くのに必死で実はそれどころじゃなかったのですが。それはさておき、主要な登場人物は2人と書きましたが、他の登場人物にもそれぞれの物語があって味わい深く面白いです。60分×10話もあるのでそれぞれにフォーカスする尺も十分でした。というわけで以下に少し登場人物について書きます。

ネタバレありの人物紹介

ここからはネタバレしていますので要注意です。Amazonプライム・ビデオで他の作品でも観てください。

ジュリアナ・クレイン

合気道やってるただの女の子だったのに、レジスタンスの妹のせいで巻き込まれる可哀想な人。異なる世界線の戦争記録フィルムを観たことがきっかけで真実を知りたいと思い、妹の意思を継いでレジスタンス活動に身を投じるのはいいんだけど、ちょっと向こう見ずなところがあって周りの人はかなり迷惑している気がします。主人公ではあるものの、ジュリアナ自身の物語は少し薄くて、彼女が動くことで影響や被害を受ける周りの人の物語の方が深みがあります。

ジョー・ブレイク

東側の主人公。ドイツ軍人でありながら、レジスタンスとして身を隠して行動する彼もやはりフィルムを観たことで、考えを変えていきます。ジュリアナと出会ってからは、彼女に振り回されて行動していくジョーの姿が可愛いです。お前純粋過ぎるだろ、ジョー。後々の上官のジョン・スミスとの決別が彼の成長を表す場面なんですが、このジョンも憎めない素敵な奴でいい味出してます。家庭でのパパとしての一面、冷酷な指揮官としての行動の奥にある信念かっこいいです。最後はジョンの見せ場もありますし、ジョーよりもジョンの方が好きかもしれません。

フランク・フリンク

ジュリアナの彼氏。可哀想な人に振り回されるさらに可哀想な人。登場人物の中でも最大級の不幸を縦に。本人もジュリアナがレジスタンスに関わったせいで疑われて拷問を受ける、無実の妹と甥、姪が憲兵隊によって殺害される、しかも帰ってきたジュリアナに何か他の男が居る空気でもう不幸のどん底です。そんな彼が考えだした計画、その結果。最終的な顛末も含めて悲劇のヒロイン(男)は間違いなくフランクでしょう。フィルムに映る世界線でももれなく不幸になるあたり生粋です。

タゴミさん(日本人)

日本人キャラクターの中ではタゴミさんが主要キャラクターになります。ヒトラーがパーキンソン病で先が長くないという噂がある中で、もしヒトラーが死んだらバランスが崩れて日独の戦いが始まることを懸念して裏工作を行って危機を回避しようとするものの、なかなか上手くいかず日本人のキド憲兵隊長にも怪しまれます。キドさんも仕事に真面目な実直な良いキャラクターですが、タゴミさんは悩める人でいつも考え事をしてるのが対比的に描かれます。タゴミさんのラストは正直良くわからないのですが、シーズン2があるようなのでタゴミさんが活躍することでしょう!

完成度の高い作品

Amazonプライム・ビデオで観られる作品としては「MR.ROBOT」もとても楽しめましたが、「高い城の男」もそれに負けず劣らずハマってしまいました。上に書いた登場人物たちの織りなす物語が本当によく構成されていて、それぞれのキャラクターの関わりあいも無駄がなくて良かったです。正直に言うと最初の3話まではこれで大丈夫かと思っていたんですが、主にフランクの物語が加速してから急に面白くなりました。不幸な人が好きっていうのも曲がった見方かもしれませんけど。上には書きませんでしたが宝石商のストーリーもそう来るかと唸ってしまう展開で良かったです。

日本でも近いうちに配信が開始されると思いますし、きっとそれなりに話題になる作品ではないでしょうか。ドラマは翻案されているようで、原作本と異なる部分も多いようですが先に原作本を読んで待つのも良いのかもしれません。

【追記】日本でも公開されました!

日本でも公開されました!Amazonプライム会員なら無料で観られますので、是非!

英米ではシーズン2も公開されています。