読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の感想




startrekintodarkness
どーも、MUGA(@muga_over)です。

スター・トレック イントゥ・ダークネス』の感想を。

あらすじ

西暦2259年、カーク(クリス・パイン)が指揮するUSSエンタープライズは、未知の惑星の探索中に巨大な地殻変動に遭遇。彼は深刻なルール違反を犯してまで原住民と副長スポック(ザカリー・クイント)を救おうと試みるが、地球に戻ると船長を解任されてしまう。ちょうど同じ頃、ロンドンの宇宙艦隊データ基地が何者かによって破壊され……。 映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』 - シネマトゥデイ

感想

映像として真新しいものがあったわけではありませんが、戦闘シーンのかっこ良さと戦艦の造形は安心して観ることができるレベルで純粋に楽しむことができました。

ベネディクト・カンバーバッチ演じるハリソンが圧倒的な強さを持つやや中立、でも悪として立ちはだかる一方で、エンタープライズ側はカークとスポックや他のクルーとの信頼関係を持つ組織として、また地球の艦隊側の上層部は非情な集団として描かれていました。

ガッチャマンの後に観たのもあって、きちんと考えて、練られて作られているなあと思いましたが、時間が経ってから思い返すとあまり印象に残っていなくて大味だったように感じます。トレッキーの人が観たらまた違う感想が色々あるのだろうと思いますが。

申し分なく楽しめるのですが、何かが極めて良かったわけではありませんでした。