ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

元気が出る、可愛い映画『タイピスト!』を観ました




populaire

どーも、MUGA(@muga_over)です。

タイピスト!』の感想を。

あらすじ

女性にとって大人気の職業が秘書で、さらにタイプライター早打ち大会に勝つことが最高のステータスだった1950年代のフランス。田舎出身のローズ(デボラ・フランソワ)は保険会社の秘書に採用されるが、ぶきっちょで失敗してばかり。そんな彼女の唯一の才能であるタイプ早打ちに目を付けた上司ルイ(ロマン・デュリス)は、二人で協力し、タイプ早打ち世界大会に出ないかと提案する。 映画『タイピスト!』 - シネマトゥデイ

感想

ストーリーに意外性があるわけではなく、想像がつく展開でどんどん進んでいくのですが、それでも楽しめたのはストーリー以外の要素が良かったからではないかと思っています。

まず、画面の色合いや小物、洋服など画面に映るものが、50年代のテイストに溢れていて可愛くポップでオシャレです。多幸感感じます。

主役のローズ演じるデボラ・フランソワが着ている服は本当に全部可愛くて、ロシュフォールのドヌーヴの可愛さに近いものを覚えました。デボラ・フランソワきゃわわ。

それからタイプライターの音がリズミカルで心地良かったのも観ていて楽しかったですね。劇場で観る時は音が良いと嬉しくなります。

ストーリーに話を戻すと、ローズが特訓の末タイピング世界一を目指す中で、ルイとの恋模様、家族との関係なんかも描かれるのですが、どれも浅いです。

浅いんですが、ただの「恋も仕事も頑張る女子応援映画」というわけではなく、夢に向かって進む一人の女性の物語として構成されていたように思います。もちろん元気もらえるんですけどね。

邦画にありがちな「恋も仕事も頑張る女子応援映画」だと内容もなく、何を描いているんだという、浅い以前の映画が多いので、それに比べると何倍も良いです。

久々に家にソフトを買いたくなる、また観たい映画でした。