ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

『おおかみこどもの雨と雪』を観ました





観てきましたよ。一応初日に行ったのですが、なかなか劇場が埋まっていました。

あらすじ

人間の姿をしていながらもおおかみおとこという正体を持つ男(声:大沢たかお)と出会った大学生の花(声:宮崎あおい)。二人は惹かれあい、やがて子どもを授かる。姉の雪と弟の雨は、人間とおおかみのふたつの顔を持つ、おおかみこどもだった。都会の片隅で正体を隠しながらつつましやかに暮らす4人は、幸せそのものだった。しかしある日、父が死んでしまい、幸せな日々に終止符が打たれた。おおかみこどものきょうだいを抱えた花は、豊かな自然の残る田舎に移住することを決意する。 あらすじ 解説 おおかみこどもの雨と雪 - goo 映画

感想

演出や表現がアニメっぽくないのは感じまして、戦闘シーンなんかありませんし落ち着いた画が多かったです。実写でもそのまま置き換え可能な気もします。

サマーウォーズはOZの表現だったり戦闘の描写だったりでアニメじゃないとできないような表現も多々ありますが、『おおかみこども』はそんなことありませんでした。派手さはなくてもしっかりと花と雪と雨を描こうという姿勢は良いですよね。

ただ、僕自身は結婚だとか子育てというのにあまりリアリティを感じていないのでこの映画を楽しめませんでした。淡々と描かれる、そこのリアリティこそがこの映画の魅力だと思うので、実際に子どもが居たり結婚に対してある程度のリアリティを持っている人より楽しめなかったのもしょうがないかなと今は思います。

あと、サマーウォーズの時もそうなのですが、田舎賛美がちょっとステレオタイプ過ぎて、それこそお伽話にしか見えないところもありました。

都会に居る時は子どもが泣いてたら隣のDQNが怒鳴って乗り込んできて、大家には動物を飼ってるんじゃないかと疑われるのですが、田舎に行ったら野菜を作れないのを周りの人がお節介を焼いてくれて、動物を見ても飼ったんだねと優しく言ってくれるっていう対比的なのもどうも表層的で。

個人的に楽しめなかったのは事実ですが、温かい話なんだとは思いますし、既存のアニメっぽくないアニメというのは富野御大も評価しているところなので是非! 富野由悠季:「おおかみこどもの雨と雪」を異例の大絶賛 - MANTANWEB(まんたんウェブ)
おおかみこどもの雨と雪」の衝撃 富野由悠季  新しい時代を作ったと言っていい。革新を目指していると言ってもいいだろう。が、作者であり監督は、そこまで意識していたかどうか。手法を追求していったらこう ...