ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

トムちん最新作の『オブリビオン』はややガッカリ映画でした




oblivion
どーも、MUGA(@muga_over)です。

トムちん最新作の『オブリビオン』を観てきました。

結果から言うと何とも言えないガッカリ感でしたよ。

あらすじ

エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が半壊してから60年。生き残った者たちがほかの惑星へと移住してしまった中、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)だけが地球に残って上空から偵察していた。パトロールに向かっていた彼は、誰一人として生存しているわけがないエリアで何者かの襲撃を受けてしまう。混乱するジャックの前に現れたのは、ビーチ(モーガン・フリーマン)という謎の男。彼との遭遇を機に、ジャックは地球、人類、そして自身の運命を担う冒険に出ることに。 映画『オブリビオン』 - シネマトゥデイ

感想(ネタバレ有)

この映画の肝の部分は、実は敵だと思ってたのが味方だったっていう展開にこそありまして、というかそれがこの映画で面白い点なのですが、かなり早い段階でそれが分かってしまうんですよね。上のあらすじ文も既にネタバレですしね。。。

スカヴがどう見ても人間っぽいですし、モーガン・フリーマン出演の時点でスカヴとして描かれている方が人間なのが分かってしまうんですよね。それはギリギリまで分からないほうが面白いよねえ。。。

SFとしても突っ込みどころが多々あって、なんでスカヴ側はもっとコントロールしないのかとか、セキュリティ甘くないかとか疑問は尽きません。

もうちょっとうまく見せる方法はなかったのかなあと思うと、ジャックのパートナー役であるヴィカから描いたら良かったのではないかと思います。

ある日、真実に気付いたジャックがを言い始めるけれど、それを受け入れられないヴィカ。しかし、徐々にヴィカも真実に近づいていく。。。とかそういうのが良かったかなって。

うーん、要素は色々と詰まっていて面白そうなのに、どうも今ひとつなところに落ち着いていました。

オブリビオン』っていうタイトルですし、忘却してしまっても良い映画かなと思いました。