ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

『ムーンライズ・キングダム』感想メモ




moonrise-kingdom0
どーも、MUGA(@muga_over)です。

こないだ観てきた『ムーンライズ・キングダム』の感想を。

と思ったのですが、あんまりにも内容を思い出せないのでちょっとメモ程度に記録を。

オシャレで雰囲気の良い映画

1965年、アメリカのニューイングランド沖に浮かぶニューペンザンス島。12歳のスージー・ビショップ(カーラ・ヘイワード)は、厳格でお堅い父ウォルト(ビル・マーレイ)と、口うるさくいつもせわしない母ローラ(フランシス・マクドーマンド)、そして3人の幼い弟たちと海沿いの大きな屋敷で暮らしていた。趣味は本を読んで自分だけの世界に浸ることと双眼鏡での観察。ある日、スージーはその双眼鏡で母とシャープ警部(ブルース・ウィリス)の密会を目撃する。同じ頃、ウォード隊長(エドワード・ノートン)率いるボーイスカウトのキャンプ地では、隊員の一人が置き手紙を残して姿を消す事件が起きていた……。1年前、ボーイスカウトの活動で劇を観に行ったサム・シャカスキー(ジャレッド・ギルマン)と、カラス役で出演していたスージーはわずかな言葉を交わしただけで惹かれ合い文通を開始。1年にわたる手紙のやりとりを通して密かに駆け落ちの計画を練っていた。草原で落ち合った二人は“3.25海里 潮流口”を目指し愛の逃避行に出る。 あらすじ 解説 ムーンライズ・キングダム - goo 映画

正直なところ、この後に『スタードライバー THE MOVIE』を観てそっちが面白かったので、既に内容をあまり憶えていない部分がありまして、いつも以上にメモ程度に。

ウェス・アンダーソン作品が好きな人には、この世界観がたまらなく良いのでしょうけれど、入り込めませんでした。思い返すと『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』もあんまり好きになれなかったなあ。。。

●お伽話、ファンタジーみたいなオシャレな作りで、画作りも平面にこだわっている印象があり、絵本的と評したいと思います。

●音楽もどこか幻想的で素敵です。スタッフロールで楽器がどんどん変わっていくのは聴いていて面白かったです。

●スージー役のカーラ・ヘイワードはアイメイクもあってとっても綺麗でしたが、アゴが気になりました。アゴ。

●とある人物がカメラに向かって語ってくるのは興ざめポイントでした。うーん、それ説明するんだったら他の方法ないかなあ。

●プッツンな性格なのはいいんだけど、怪我させたら流石になあ。。。

ノアの箱舟の件もストーリー全体に掛かっているはずなんだけど、関係性があまり分かりませんでした。

本当に記憶に残ってなくてアレなので、レンタルが開始されたらもう一度観てみたいと思います。