ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

マネーボール





公開から2ヶ月近く経ってやっている劇場が少なくなってきたのですが観てきましたマネーボール

あらすじ

 ビリー・ビーンは、かつて超高校級選手としてニューヨーク・メッツから1巡目指名を受けたスター候補生だった。スカウトの言葉を信じ、名門スタンフォード大学の奨学生の権利を蹴ってプロの道を選んだビーンだったが、自身の性格も災いして泣かず飛ばずの日々を過ごし、さまざまな球団を転々とした挙句、引退。スカウトに転進し、第二の野球人生を歩み始める。2001年ポストシーズンオークランド・アスレチックスニューヨーク・ヤンキースの前に敗れ去った。オフには、スター選手であるジョニー・デイモン、ジェイソン・ジアンビ、ジェイソン・イズリングハウゼンの3選手のFAによる移籍が確定的。アスレチックスのゼネラルマネージャー(GM)となっていたビーンは、2002年シーズンに向けて戦力を整えるべく補強資金を求めるも、スモールマーケットを本拠地とし、資金に余裕の無いオーナーの返事はつれない。ある日、トレード交渉のため、クリーブランド・インディアンズのオフィスを訪れたビーンは、イエール大学卒業のスタッフ、ピーター・ブランドに出会う。ブランドは各種統計から選手を客観的に評価するセイバーメトリクスを用いて、他のスカウトとは違う尺度で選手を評価していた。ブランドの理論に興味を抱いたビーンは、その理論をあまり公にできず肩身の狭い思いをしていた彼を自身の補佐として引き抜き、他球団からは評価されていない埋もれた戦力を発掘し低予算でチームを改革しようと試みる。 マネーボール - Wikipediaより

感想

前評判で聞いていた通り話は淡々と進み、野球の試合や野球そのものにフォーカスを当てるわけではなく、ビリー・ビーンマネーボール理論をもってアスレチックスをいかに優勝に導くかというGMサイドから描かれています。その中で、経験と直感で判断するスカウト、自分のやり方を貫く監督との衝突、なかなか結果が出ないことへの葛藤などを登場人物から一歩離れた距離から映しています。実際のアスレチックスの試合映像が挟まるなどもあり、ドキュメンタリー風にも見える作りでした。

信念を貫いて成功する姿はマネーボールにしてもソーシャル・ネットワークにしてもグッとくるものがあるのですが、どちらも「しかし性格に多少難有り」といった描き口になっているのが腑に落ちないところもあります。画的にそうした激しい性格からの動きがあったほうが感情が分かりやすいし、実際にそういう性格なのかもしれないんですけど。

しかしそれは些細なことで、今までの方法・価値観を払拭しようと挑戦する姿が描かれ、成功すれば周りの評価が良くなり、少しでも失敗すると悪くなると言った厳しい現実の中で、周囲の人間も巻き込む形でゴールを目指すドラマは淡々としているからこそ冷静に、深く観られるものがあります。そして最後にそれが必ずしも良い結果をもたらすとは限らないという現実が待っているのがまた良かったなと思います。

ジョナ・ヒルの「居そうな」感じがたまらなく良い味でした。

マネー・ボール (RHブックス・プラス)マネー・ボール (RHブックス・プラス)
マイケル・ルイス,中山 宥

武田ランダムハウスジャパン
売り上げランキング : 563

Amazonで詳しく見る by AZlink