読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

ダニエル・デイ=ルイスの演技はすごいね!『リンカーン』観てきました




lincoln
どーも、MUGA(@muga_over)です。

一昨日公開した映画『リンカーン』観てきましたよ。

TOHOシネマズ日劇で観たのですが、あそこはスクリーンが大きくて良いですね。N列あたりが個人的にはベストポジションの感じです。

さて、感想。

あらすじ

エイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)が、大統領に再選された1865年。アメリカを内戦状態に追い込んだ南北戦争は4年目に突入したが、彼は奴隷制度を永遠に葬り去る合衆国憲法修正第13条を下院議会で批准させるまでは戦いを終わらせないという強い決意があった。そのためにも、国務長官ウィリアム・スワード(デヴィッド・ストラザーン)らと共に憲法修正に必要な票を獲得するための議会工作に乗り出す。そんな中、学生だった長男ロバート(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が北軍へと入隊し……。 映画『リンカーン』 - シネマトゥデイ

奴隷解放宣言の後、法律上奴隷制を廃止しようと画策するリンカーンの熱い情熱と生き様が描かれていて、伝記映画としては申し分ないのかなと思います。

ただ、あらすじが面白いとか興味深いとかそういうのは全く感じませんでした。うーん。

リンカーンの偉大さ、凄さには敬意を表するんだけど。。。

南北戦争が4年続いてアメリカが疲弊しているという難しい情勢の中で、困難にぶつかりながらもリンカーン奴隷解放を目指し奴隷制廃止のための立法を目指す姿はかっこいいし、感動的だなあと思います。

強固なリーダーシップを発揮して自身の正義を貫く姿勢、プライベートなことも含めて困難があってもそれを乗り越えていく強さは近頃の若者に求められている部分と重なりますし、若者にウケそうです。

しかし脚本が良いとか編集がどうということもなく、映画自体は平凡だったように思います。単純にリンカーンの物語が偉大かつ感動的なんじゃないかなあと。

ダニエル・デイ=ルイスは顔からしてリンカーンに似せてますし、迫真の演技もあって素晴らしいんですけど、映画全体としてはあまり楽しめませんでした。

映画本編が始まる前に監督が補足説明をするっていうのは新しかったです。