ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

眠くなった。『レ・ミゼラブル』を観てきましたよ




lesmiserables
どーも、MUGA(@muga_over)です。

昨年末に公開されて以来、周りからは良い評判を聞いていた『レ・ミゼラブル』を観てきました。

この映画については、一度観ただけで感想がスラスラ出てこないなあというのが正直なところなのですが、良いか悪いかの前に眠くなりました。

というわけでちょっとだけ感想を。

あらすじ

格差と貧困にあえぐ民衆が自由を求めて立ちあがろうとしていた19世紀のフランス。ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、パンを盗んだ罪で19年間投獄され、仮釈放されたものの生活に行き詰まり、再び盗みを働く。しかし、その罪を見逃し赦してくれた司教の慈悲に触れ、身も心も生まれ変わろうと決意。マドレーヌと名前を変え、工場主として成功を収め、市長の地位に上り詰めたバルジャンだったが、警官のジャベール(ラッセル・クロウ)は彼を執拗に追いかけてくるのだった。そんな中、以前バルジャンの工場で働いていて、娘を養うため極貧生活を送るファンテーヌ(アン・ハサウェイ)と知り合い、バルジャンは彼女の幼い娘コゼットの未来を託される。ところがある日、バルジャン逮捕の知らせを耳にした彼は、法廷で自分の正体を明かし再び追われることになり、ジャベールの追跡をかわしてパリへ逃亡。コゼットに限りない愛を注ぎ、父親として美しい娘に育てあげる。だが、パリの下町で革命を志す学生たちが蜂起する事件が勃発、バルジャンやコゼットも次第に激動の波に呑まれていく……。 あらすじ 解説 レ・ミゼラブル - goo 映画

ジャン・バルジャンが投獄されてからエンディングに至るまで、かなりの年月が経っているのですが、ジャン・バルジャンがあんまり老けなくて最初の方が年取ってたんじゃないかとみんなが思ったはず。

え、思わない?

全編にわたってセリフは歌

観るまで知らなかったのですが、この映画のセリフはほとんどが歌です。ミュージカル映画だと劇と歌のシーンで分かれているものも多くありますが、今作はほとんど歌。

ミュージカルをあまり観ていないので、歌がどうこうっていうのは正直分からないのですが、残念ながらこれは良かったと記憶に残っている歌がなかったです。

劇と歌の切り替えがないので、ここからが歌と分けられていないので記憶に残りづらいというのもあるとは思うんですけど、どうなんでしょう。

でも、吹き替えなしで役者本人が歌ったということで、ヒュー・ジャックマンアン・ハサウェイもあれだけ歌えるということには感動しました。ラッセル・クロウもすごい頑張ってましたよね、ええ。

ボイストレーニングの模様とかがきっとBlu-rayの映像特典で入るんでしょうね。

なんて言えばいいのか

愛や勇気という普遍的と言ってもいいテーマ、人間って素晴らしいという賛歌が根底にあって、その上で罪と赦し、正義と法、施しと盗みなど多くの対立項が練り上げられていて、お腹いっぱいになりました。

感動的な作品だとは思いますし、カップルでデートとかには良いんじゃないでしょうか。