読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

激闘!『L.A.ギャングストーリー』を観てきましたよ

映画



gangster-squad
どーも、MUGA(@muga_over)です。

『L.A.ギャング ストーリー』観ちゃいました。

あらすじ

1949年ロサンゼルス、ギャング王ミッキー・コーエン(ショーン・ペン)はドラッグや銃器売買、売春などで得た金で街を牛耳っていた。警察や政治家も意のままに操るコーエンに誰も歯向かえずにいたが、街の平和を取り戻すべく6人の男たちが立ち上がる。ロサンゼルス市警のジョン・オマラ(ジョシュ・ブローリン)とジェリー・ウーターズ(ライアン・ゴズリング)らのチームは、身分を隠し闇社会に戦いを挑んでいく。 cinematoday

感想

ミッキー・コーエンという、極悪非道な、ギャングの中のギャングが支配するLAで、コーエンを倒すべく立ち上がるLA市警の6人のかっこ良さと男らしさが光る映画でした。

6人のキャラクターの掘り下げは少なかったように思いますが、成績や業績が優秀なわけではないけれど熱い正義の心を持ち、コーエンという圧倒的な悪に立ち向かう様にグッときましたね。キャラクターの動きや心情よりも悪をぶっ潰すという流れに燃えました。

映画冒頭でかなり残忍な仕打ちを見せるコーエンですが、これに挑むオマラ達もかなり暴力的かつ容赦がなくて、耐性がない人には難しいかもしれません。

6人は全員警察ではありますが、肩書きを隠してコーエンを潰すためだけに攻撃を仕掛けているので、やることに遠慮がないんですよね。

銃は打つし、人は殺すし、尋問もするし、拠点を爆発させるしと、「目には目を歯には歯を」の精神もこれでいいのだろうかと不安になるレベルです。

しかし、コーエンが支配するアンモラルなLAで、アンモラルな方法で戦いを挑んでぶっ潰すっていう流れが好きでしたねえ。

うん、以上。

おまけ

梅宮辰夫VS松方弘樹 大御所対決!『L.A.ギャングストーリー』
gangster-squad1

公式サイトで梅宮辰夫と松方秀樹の大御所吹き替え対決というくだらない企画が!

これは、推して図るべきですね。。。