ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

うーん、『ワイルド・スピード EURO MISSION』




euro-mission

どーも、MUGA(@muga_over)です。

先日観てきました、『ワイルド・スピード EURO MISSION』。

あらすじ

リオデジャネイロの犯罪王から100億円を、まんまと奪い取ったドミニク(ヴィン・ディーゼル)。その後、逃亡し続けていたドミニクだったが、世界中で犯罪行為に手を染める巨大犯罪組織を追うFBI特別捜査官ホブス(ドウェイン・ジョンソン)に協力を依頼される。ホブスの話によると、その犯罪組織に関わっているのは、ドミニクの死んだはずの元恋人レティ(ミシェル・ロドリゲス)だった。 映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』 - シネマトゥデイ

犯罪組織を潰すためになぜか車のエキスパートの主人公たちが駆り出される展開にツッコミを入れたら負けで、ストーリーは気にせずカーアクション、ド派手な銃撃・爆破シーンを楽しむことに特化した作りになっていて、これはこれで様式美というか何というか。

そんな様式美を保ちつつシリーズ6作もやってるっていうのはスゴいことですし、車人気がそれだけ高いっていうことなんでしょうかね。

うーん、ただ映画自体は本当になんとも言えない具合でした!