読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

終戦記念日の前に『終戦のエンペラー』を観ました




emperor
どーも、MUGA(@muga_over)です。

こないだの映画の日に『終戦のエンペラー』を観てきました。年配のお客さんが多かった印象です。

あらすじ

1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部GHQ)の司令官としてダグラス・マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)が日本に上陸。彼は日本文化に精通している部下ボナー・フェラーズ(マシュー・フォックス)に、太平洋戦争の真の責任者を探し出すという極秘任務を下す。わずか10日間という期限の中、懸命な調査で日本国民ですら知らなかった太平洋戦争にまつわる事実を暴き出していくボナー。ついに最大ともいうべき国家機密に近づくが、彼と敵対するGHQのグループや日本人たちの一団が立ちはだかる。 映画『終戦のエンペラー』 - シネマトゥデイ

感想

アメリカ人から奇異に見える日本人の行動や性格などの描写を通じて、終戦後の日本人は今とは違ったのかもしれないと思えました。

天皇への信奉、天皇に対して背を向ける敬意の表し方だけではなく、物事の考え方が「日本的」で、意見を主張するわけではなく察することに重きを置いていたことも、今とは違うなと感じるところです。

日常生活で、かつて戦争があったことを思い出す瞬間はほぼありませんが、歴史を改めて認識する意味でも観て損はなかったかなと思います。

この映画が全て史実に基づいているわけではありませんが、終戦後の日本と天皇を扱った作品ということで勉強になりました。

観てる最中はこうした大枠の方に目が行ってしまいましたが、戦時下・戦後の不安が蔓延する中で生きる人々の心の揺らぎ、言外の気持ちなど人物も描かれていたなと感じます。