ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

『ジャンゴ 繋がれざる者』を観てきましたよ




django
どーも、MUGA(@muga_over)です。

タランティーノの最新作、『ジャンゴ 繋がれざる者』観てきました。

今回、丸の内ピカデリーで観たのですがやっぱり大きい劇場で観ると迫力違いますね。

あらすじ

奴隷制度をめぐる対立が色濃くなる1859年アメリカ南部。賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)と出会い、奴隷を繋ぎとめる鎖から解放されたジャンゴ(ジェイミー・フォックス)。ジャンゴはキングとともに南部の指名手配犯を捕まえながら鍛錬を積み、奴隷市場で生き別れとなった妻のブルームヒルダ(ケリー・ワシントン)を探していた。そのブルームヒルダは、カルヴィン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)が営むキャンディランドという農園にいた。カルヴィンは奴隷を鍛えあげ、奴隷同士を闘わせては楽しんでいる。ジャンゴは妻を救うため、極悪人カルヴィンに生死を賭けて立ち向かう。 あらすじ 解説 ジャンゴ 繋がれざる者 - goo 映画

登場人物のかっこ良さにシビれる

キル・ビル』しかりの復讐劇で、今回は日本やカンフーの世界ではなく、西部劇が舞台となっていて相変わらずタランティーノの趣味全開です。

黒人奴隷が虐げられている中で、キング・シュルツと出会ったことで奴隷ではなく自由人、フリーマンとなったジャンゴが、カルヴィンの屋敷で働く妻を奪還するために戦うという話です。すっごい平たく言うと。

黒人奴隷として白人への復讐、妻を虐げたカルヴィンとその執事のスティーブンへ個人的な復讐に燃えつつも、妻を救出するという目的のために非常に振る舞うジャンゴの強さと言ったらないですね。

ジャンゴはカルヴィンに近づくために奴隷商人の黒人を演じているため、同胞の奴隷に対しても厳しくあたり、白人に対してはどこまでが演技なのか分からないほどに口の悪い態度でぶつかることでカルヴィンを騙そうとします。

ジャンゴの葛藤を考えると切なくもあり悲しくもあるのですが、その強さには本当に惹かれます。

それから、キング・シュルツはふざけつつも正義感溢れる立ち回りを見せ、物語後半のある決断にはウルっときましたよね。心の底では熱いものを持っていながら表面的にはちょいちょいふざけてる感じ最高です。

クリストフ・ヴァルツ的には『イングロリアス・バスターズ』のキャラクターの方が楽しめるのですが、キャラクターのかっこ良さで言ったら断然キング・シュルツ。

上映時間は160分と長いのですが、本当にあっという間に時間が過ぎていきました。どのシーンも目が離せなくて飽きる暇がありませんでしたよ、ええ。

映画観てから感想書くまでにしばらく寝かせたんですけど、うまく言い表せない凄みが映画を支配していたとしか言えないくらい、感想まとまりません。

圧巻でした。

観て損はないのですが、血が噴き出まくるので耐性がない人は要注意です。