読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

なるほど!『GO WILD 野生の体を取り戻せ!―科学が教えるトレイルラン、低炭水化物食、マインドフルネス』

読書


どーも、MUGA(@muga_over)です。

『GO WILD 野生の体を取り戻せ!―科学が教えるトレイルラン、低炭水化物食、マインドフルネス』という本を読みました。

GO WILD 野生の体を取り戻せ! ―科学が教えるトレイルラン、低炭水化物食、マインドフルネス
GO WILD 野生の体を取り戻せ! ―科学が教えるトレイルラン、低炭水化物食、マインドフルネス

タイトルはいささかキャッチーですが、現代人が当たり前だと思って行っていることが案外身体に良くなく、野生人の生活の方がより良いという趣旨で、実験やデータを引き合いに出して実に科学的に解説しているので、すっと頭に入ってきます。

その主張も決して極端なものではなく、最後の章に書いてあることは炭水化物や糖分を摂るのが当たり前になっている食事を見直し、ジムの中ではなく自然の中で運動を始めよう提案です 。

これを続けることで睡眠の質が良くなり、瞑想の能力や効能も高まり、より人間らしく健康に生きることができるということだそうです。

どれも近年Webで話題だけど、真偽が気になっていたこと

トレランも低炭水化物食もマインドフルネス=瞑想もWebではここ何年かで見かけるようになったトレンドのように思います。

ただ、Webで見かける記事だと良い側面や効能がただ書いてあるだけで、検証していたり論理的に「これがこうでこうだから良い」と書いているようなものは少なく、正直なところ疑っていました。

でも、『GO WILD』を読むとよく分からなかったことが払拭できて、なるほどと感心しながら健康についても考えを深めることが出来ました。

ただ、低炭水化物食は続けすぎると良くないという話もありますし鵜呑みにしてしまうのはまだ危険なのかもしれません。

次のサイトで本書のあとがきが丸々読めるので、購入を悩んでいる人は参考に。

Session #8『GO WILD 野生の体を取り戻せ!』日本語版あとがき | [生き方] EAT & RUN 日記 | あしたの生活 | NHK出版