読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲインオーバー

MUGA, I am. 映画のことや英国のこと、加えてゲームやテクノロジーも。気になることを気侭に記していくブログです。

『トップ1%の人だけが実践している 集中力メソッド』は実践したい内容が詰まっていた



トップ1%の人だけが実践している 集中力メソッド
トップ1%の人だけが実践している 集中力メソッド

どーも、MUGA(@muga_over)です。

【集中力】『トップ1%の人だけが実践している 集中力メソッド』永田豊志:マインドマップ的読書感想文

↑の記事を読んで、どんな本か気になったので早速読んでみました。

集中力を高めるためのTipsがタメになった

この本では、今世界で成功している人の多くがモンテッソーリ教育を受けたことが明かされていて、彼らに共通するのは「自律」と「集中」であることが説明されています。

そしてその「自律」・「集中」を得るための枠組み・Tipsとして紹介されていたのが次のもの。

集中スパイラル

第1のプロセス 挑戦機会の発見 ↓ 第2のプロセス 自律的・集中体験 ↓ 第3のプロセス 達成による幸福感 ↓ 第4のプロセス 心とスキルの成長 ↓ (第1のプロセスに戻る)

5つのS

1 Simple = 余分なものを捨て、シンプルに 2 Small = 小さく達成しやすいゴール 3 Single = 一度に1つだけ 4 Short = 短い時間やる 5 Smile = つねに楽しむ、ポジティブな姿勢をもって

モンテッソーリ教育や前に『モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか』を読んでチクセントミハイのフロー体験については知っていたのもあり、論旨として新しいことはなかったのですが、自分ができていないこと、やっていないことが多いなということを認識できたので、それがとてもタメになりました。

上に挙げた中で、自分ができていないことを注意して改善すること、こうした集中のステップを意識して何かに取り組むことを続けていくことが大切なのかなと思います。

特に「短い時間やる」というメソッドは今まであまり意識していなく、ダラダラとやりがちになっていたのですぐにでも改めたいところです。